本田恒之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
本田恒之

本田 恒之(ほんだ つねゆき、文久2年4月14日1862年5月12日) - 昭和9年(1934年2月4日)は、日本の衆議院議員立憲国民党立憲同志会憲政会立憲民政党)、弁護士

経歴[編集]

肥前国高来郡島原町に下田寛平の三男として生まれる。1882年明治15年)、本多源吉の養子となった[1]専修学校(現在の専修大学)法律経済科を卒業し、弁護士となった。初めは東京市日本橋区に開業したが、後に長崎市に移った。長崎市会議員、長崎県会議員を経て、1912年(明治45年)の第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後7回当選を重ねた。

加藤高明内閣第1次若槻内閣司法政務次官を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 中川観秀『大典記念 長崎県大観』長崎新聞社、1915年

参考文献[編集]

  • 『大日本人物名鑑』 ルーブル社出版部、1921年