本田成之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本田 成之(ほんだ しげゆき、1882年1月24日 - 1945年3月4日)は、日本の中国哲学者・漢学者。

略歴[編集]

岐阜県出身。号は蔭軒。出家して名古屋円通寺で修業、南画を学んだ。のち早稲田大学、曹洞宗大学林(現・駒沢大学)に学び還俗する。1913年京都帝国大学文学部支那哲学科卒。

神宮皇学館教授をへて1920年仏教大学(現竜谷大学)教授となる。同年小島祐馬青木正児らと雑誌「支那学」を発刊する。富岡鉄斎に師事して文人画も描いた[1]

1931年「支那経学史論」で文学博士。子の本田烈はフランス文学者

著書[編集]

  • 陶淵明集講義』隆文館 1921
  • 『富岡鉄斎』中央美術社 1926、梧桐書院 1942
  • 『支那経学史論』支那学叢書 弘文堂書房 1927
  • 『皇国精神と儒教』敞文館「黎明選書」 1942
  • 『雷のひるね』晃文社 1942
  • 『富岡鉄斎と南画』湯川弘文社 1943
  • 『支那近世哲学史考』晃文社 1944

編著・訳注[編集]

  • 秦祖永『桐陰論画 和訳』 彙文堂書店ほか 1914
  • 『実業皇朝漢文』湯川弘文社 1937 全5巻
  • 『蔭軒博士近作図録 本田蔭軒南画集』東京高島屋 1939 和装本 徳富蘇峰

脚注[編集]