本田稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本田 稔(ほんだ みのる、1923年(大正12年) - )は、日本海軍軍人。最終階級は日本海軍では海軍少尉航空自衛隊では一等空尉太平洋戦争における撃墜王

経歴[編集]

1923年(大正12年)熊本県飽託郡芳野村(のち河内町を経て現在は熊本市)に生まれる。中学5年在学中に1939年(昭和14年)夏に海軍飛行予科練習生を志願して受験。合格後、10月1日第五期甲種飛行予科練習生に着任。飛行訓練中に曳的機の索に引っかけるが、運良く最後の瞬間に曳的が外れ、助かる事故にあう。1940年、谷田部空で延長教育を受ける。1941年9月、大分空で実施訓練を受ける。

1942年(昭和17年)1月、第22航空戦隊司令部付戦闘機隊に着任。4月、鹿屋空に配属。哨戒任務が続いたが、シンガポール上空で本田を含む零戦9機とイギリス空軍のバッファロー戦闘機9機が交戦。本田とって実戦における最初の空戦となる。この空戦で本田は弾丸が無くなるまで発射し続け、なおも追尾を続けたところ、敵機はジャングルに突っ込み炎上、これが本田の初撃墜となる。同年9月ラバウル進出。11月、鹿屋空が第二五三海軍航空隊に改名される。ニューギニア沖ソロモン諸島での航空戦に従事。本田によれば、カビエンの病院で盲腸の手術を受け、抜糸が終えた直後にB-17を迎撃して撃墜したが、空戦のGで傷口が破れ、腸が飛び出したこともあったという。1943年5月、大分空着任。

1944年(昭和19年)4月、第361航空隊戦闘に属する第407飛行隊着任。361空は実戦参加の機会がないまま解隊し、7月10日戦闘407は第221航空隊に編入。笠之原海軍航空基地で訓練に従事。

1944年12月、戦闘407が343空(剣部隊)に編入。飛行長志賀淑雄少佐は本田を荒武者と評した。来本昭吉飛長は空戦の腕前なら本田が戦闘407のトップと確信するという[1]。本田は343空時代に2度の原爆の爆発を目撃した。広島市での原子爆弾の下からの爆発を空中で目撃しその衝撃波で500m落下を経験した。長崎市への原子爆弾投下の日、登山訓練途中の山中で原爆投下を目撃した。本田は戦後、「紫電改で出撃していればB29を落とせたしなんとしても阻止した」と語っている[2]。海軍は広島、長崎に続く原爆投下を阻止すべく戦闘機隊に対し、B29が単機で侵入した場合は体当たりで即時撃墜せよと命令を下した[3]。343空司令の源田実大佐は第三の原爆はあってはならないと心に決め、「我が剣部隊も既に組織的な攻撃に対する機能は乏しくなった。もし今度、新型爆弾に対する情報が入ったら、俺が体当たり(特攻)をしてでも阻止してみせる。その時は本田分隊士、二番機をつとめてくれ」と話し、本田も決意した。二番機は司令機の援護ではなく、司令機の特攻でも落ちない場合にとどめをさす役割であった。本田は自分も特攻する決意でいたと話している[4]

1945年8月終戦。終戦時、皇統護持作戦に参加。准士官以上で司令の源田実大佐とともに自決を望む者が集められ、伝家の短剣とピストルを用意し、司令に短剣でやる自信がないのでピストルでやらせてほしいと言うと、司令は黙したままうなずいた。これは皇統護持作戦の参加者を募る試験であり、それを明かされると本田も参加を決めた[5]熊本県五家荘村が候補となり隊員は各地に潜伏したが、天皇制存続が決まり活動は終了する[6]

その後、航空自衛隊に入りパイロットの養成やテストパイロットを務める。1963年、空自を退役。最終階級は一等空尉。退役後は三菱重工業テストパイロットを務めた。戦後を含めた飛行時間は9800時間[7]。本田は大戦の経験と三菱のテストパイロットとしての外遊資料から、当時の若年搭乗員で12機編隊着陸が一様にできた操縦性、腕比利用による高低速両用の操縦性で紫電改を評価し、大戦末期における双璧は紫電改とP51であると述べている[8]。撃墜数は43機以上。その他に17機と記す本もある。

エノラゲイは原子爆弾を投下していないという主張[編集]

2012年8月14日に公開されたチャンネル桜のインタビュー[9]で、本田は原爆炸裂時における空からの唯一の日本人目撃者として証言を行った。この中で、「戦後エノラ・ゲイのパイロットが自分の機体に一機の戦闘機が向かってきたと言う証言をしたが、それは本田なのか」という質問に対し、本田は「エノラ・ゲイ見てませんですしですね、私、空中から爆弾を落としたとは思ってないんですよ。下から爆発して」と答えた。

著書[編集]

  • 「私はラバウルの撃墜王だった」『私はラバウルの撃墜王だった』 光文社NF文庫、2004年
  • 岡野充俊『本田稔空戦記―エース・パイロットの空戦哲学』 光人社NF文庫、2005年

脚注[編集]

  1. ^ 渡辺洋二『決戦の蒼空へ―日本戦闘機列伝』文春文庫p121
  2. ^ 井上和彦『最後のゼロファイター』双葉社
  3. ^ 渡辺洋二『日本本土防空戦』徳間書店 264頁
  4. ^ 本田稔『本田稔空戦記』光人NF文庫279頁、ヘンリー境田『源田の剣』ネコパブリッシング 502頁、井上和彦『最後のゼロファイター』双葉社
  5. ^ 本田稔『本田稔空戦記』光人NF文庫282-283頁
  6. ^ 碇義朗『激闘 海軍航空隊 「零戦」の柴田武雄と「紫電改」の源田実』光人社NF文庫321-322頁
  7. ^ 井上和彦『撃墜王は生きている』小学館165頁
  8. ^ 海空会『海鷲の航跡』134頁
  9. ^ 『戦士の証言』元第343海軍航空隊 少尉 本田稔氏に聞く Part3〔桜H24/8/13〕

参考文献[編集]

  • 本田稔 述、岡野充俊 『本田稔空戦記―エース・パイロットの空戦哲学』 光人社NF文庫、2005年 ISBN 978-4769824640
  • 本田稔 「私はラバウルの撃墜王だった」『私はラバウルの撃墜王だった』 光文社NF文庫、2004年 ISBN 978-4769820901
  • 井上和彦『最後のゼロファイター 本田稔・元海軍少尉「空戦の記録」』双葉社、2013年
  • ヘンリー・サカイダ 『日本海軍航空隊のエース』 大日本絵画、2000年 ISBN 978-4499227124