本田航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本田航空株式会社
HONDA AIRWAYS CO.,LTD
Honda Airways1.jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
350-0141
埼玉県比企郡川島町出丸下郷53-1
設立 1964年3月27日
業種 空運業
法人番号 5030001056587
事業内容 航空事業
代表者 代表取締役社長 中村文彦
資本金 1億円
純利益 9382万1000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 20億4736万6000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 108名(2019年4月1日現在)
関係する人物 本田宗一郎
外部リンク http://www.honda-air.com/
特記事項:

事業許可等
航空機使用事業   昭和42年4月24日 空監  第78号
不定期航空運送事業 昭和44年4月 5日 空監  第100号
航空運送事業    平成19年3月30日 東空域 第299号

事業場認定     平成12年9月13日 東空振 第107号
テンプレートを表示

本田航空(ほんだこうくう)とは埼玉県比企郡川島町に本社を置き、隣接する桶川市荒川の河川敷に所有する民間空港“ホンダエアポート”を主な拠点とする本田技研工業のグループ企業。一般向けにセスナ等の軽飛行機ヘリコプターを用いての遊覧飛行やスカイダイビング、VIP輸送などの各種チャーターフライト、各種飛行訓練から自治体所属の防災ヘリコプター[2]の運行受託業務などを行っている。1964年に本田宗一郎によって設立された。

事業内容[編集]

一般向け事業[編集]

  • 遊覧飛行
  • 特別運航
  • 操縦訓練
  • チャーターフライト(VIP輸送、スカイダイビング等)
  • 救急ヘリコプターを用いた医療搬送サービス
  • 貨物輸送
  • 航空写真
  • 航空測量
  • 広告・宣伝飛行 等

法人、団体及び自治体向け事業[編集]

沿革[編集]

  • 1964年(昭和39年)3月27日 - ホンダエアポート設立(本社東京都中央区八重洲6丁目3番地、資本金8千万円)
  • 1967年2月24日 - 航空機使用事業免許取得
  • 1969年
    • 4月5日 - 不定期航空運送事業免許取得
    • 4月24日 - 本社を埼玉県桶川市に移転
  • 1970年
    • 3月15日 - 本田航空に社名変更
    • 12月1日 - 桶川市の自社飛行場「ホンダエアポート」を供用開始
  • 1974年1月1日 - 本社を埼玉県川島町に移転
  • 1975年12月 - ヘリコプター運航開始
  • 1991年(平成3年)4月1日 - 埼玉県防災ヘリコプター運航受託開始
  • 2000年
    • 2月1日 - 航空運送事業許可取得
    • 9月13日 - 事業場認定
  • 2003年4月1日 - 獨協医科大学病院に栃木事業所開設、栃木県消防防災ヘリコプター運航受託開始
  • 2009年10月20日 - 航空機修理事業許可取得
  • 2013年
    • 5月1日 - 大分空港に大分事業所開設
    • 10月15日 - 多発限定変更過程指定養成施設認可取得
  • 2014年4月17日 - 計器飛行証明過程指定養成施設認可取得

施設[編集]

事業所[編集]

本社に隣接する格納庫
  • 本社
  • 栃木事業所(栃木県芳賀郡芳賀町) 栃木ヘリポート内
  • 獨協医科大学病院ヘリポート(栃木県下都賀郡壬生町) 獨協医科大学病院内
  • 大分事業所(大分県国東市) 大分空港内

桶川・ホンダエアポート[編集]

  • 地上4階建て本社社屋(埼玉県防災航空センター、操縦士訓練施設、事務所)
  • 機体整備ハンガー
  • 格納ハンガー
  • ローディングエプロン
  • 誘導路
  • 滑走路(600m×25m)
  • ヘリポート×2
  • 飛行船係留施設
  • 駐機エプロン

脚注[編集]