本田英作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本田英作

本田 英作(ほんだ えいさく、1885年明治18年)4月18日[1] - 1948年昭和23年)10月4日[2])は、衆議院議員立憲民政党日本自由党)、弁護士

経歴[編集]

長崎市出身。1909年(明治42年)、東京帝国大学法科大学英法科を卒業。司法官試補を経て、鹿児島地方裁判所長崎地方裁判所で判事を務めた[3]。退官後は弁護士事務所を開業し、長崎市会議員を3期、長崎県会議員を2期務めた[4]

1928年昭和3年)の第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第19回第20回でも再選された。

戦後の1946年(昭和21年)、第22回衆議院議員総選挙で当選。第23回でも再選された。その間、第1次吉田内閣外務政務次官に就任した。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、8頁。
  2. ^ 『官報』第6526号、昭和23年10月14日
  3. ^ 『人事興信録』
  4. ^ 『衆議院議員略歴』

参考文献[編集]

  • 『人事興信録 第十二版(下)』人事興信所、1939年。
  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』衆議院事務局、1940年。