本翁意伯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本翁意伯(ほんおういはく)は、戦国時代浄土宗西山深草派鳥居忠吉の次男。

生涯[編集]

三河国松平氏徳川氏)の家臣・鳥居忠吉の次男として誕生。弟に鳥居元忠などがいる。

出家して総本山である、京都の河原町四条に在する誓願寺で修行した。大変な博学者で、宗派の曼荼羅の指導者として有名になった。その後岡崎城の近くの光善寺の住職をしていたが、本山の任命で三河十二本寺の一つである不退院の第6世の住職になった。

元亀3年(1572年)、正親町天皇勅願により二条城に参内して曼荼羅を講演した。その礼に正親町天皇より授法山「上衍寺(じゅほうざんじょうえんじ)」の勅額を賜る。また1593年徳川家康の異母妹・市場姫の葬儀を不退院で行い、その導師を勤めた。

不退院で死去。死後、不退院の住職は同族の鳥居忠春の親族が継いだ。