本郷次雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本郷 次雄(ほんごう つぐお、1923年11月1日 - 2007年4月2日)は、日本の菌類学者滋賀大学名誉教授理学博士京都大学)。専門は菌類分類学。

経歴[編集]

滋賀県出身。1946年、広島文理科大学生物学科卒業。大学では、堀川芳雄の指導を受ける。

1951年、滋賀大学学芸学部助手。講師、助教授を経て、1968年、滋賀大学教育学部教授。1989年、名誉教授。この間、滋賀大学教育学部附属小学校長や同附属幼稚園長事務取扱併任。元日本菌学会会長(1987年~1989年)。アメリカ菌学会名誉会員。

ハラタケ目を中心に、日本の多くのキノコを分類し学名をつけた。その功績により、2003年に第13回南方熊楠賞(自然科学の部)を受賞した。

主な著書[編集]

  • 今関六也・本郷次雄『原色日本菌類図鑑』保育社、1957年 ISBN 458630023X
  • 今関六也・本郷次雄『原色日本菌類図鑑 続』保育社、1965年 ISBN 4586300426
  • 今関六也・本郷次雄『きのこ』保育社、1973年 ISBN 4586400080
  • 今関六也・本郷次雄『原色日本新菌類図鑑 I』保育社、1987年 ISBN 4586300752
  • 今関六也・本郷次雄・大谷吉雄『日本のきのこ』山と溪谷社、1988年 ISBN 4635090205
  • 今関六也・本郷次雄『原色日本新菌類図鑑 II』保育社、1989年 ISBN 4586300760
  • 本郷次雄『きのこの細道』トンボ出版、2003年 ISBN 4887161468
Hongoは、植物の学名命名者を示す場合に本郷次雄を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)