本野久子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

本野 久子(もとの ひさこ、1868年11月3日明治元年9月19日) - 1947年昭和22年)12月12日)は、日本の女性運動家外交官本野一郎夫人。長州藩野村靖の長女。愛国婦人会会長などを歴任した。

人物[編集]

山口県生まれ。四歳で上京して以降は東京に育つ。旧・永田町小学校(現・麹町小学校)の第一期生、長じて華族女学校の第一期生で、その関係からも女子学習院卒業の同窓会常磐会会長を長年務めた。1917年(大正6年)、当時の軍人、家族の支援を目的とした愛国婦人会の幹部となり、1927年(昭和2年)に会長に就任し、退任の1939年(昭和14年)までその発展に尽力。同時に、日本赤十字社篤志看護婦人会副会長、少年保護婦人協会会長も務めるなど、婦人としての社会活動に従事した。

家族・親族[編集]

出典[編集]