本間勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本間 勝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県岡崎市
生年月日 (1939-05-01) 1939年5月1日(79歳)
身長
体重
182 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1958年
初出場 1958年
最終出場 1967年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

本間 勝(ほんま まさる、1939年5月1日 - )は、愛知県岡崎市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

中京商業高では2年生の時、1956年の春夏の甲子園に連続出場。春の選抜は安井勝(立教大 - 丸善石油)の控え投手で、決勝では県岐阜商業高を破り優勝するが[1]、本間の登板機会はなかった。夏の選手権では安井との二本柱に成長、準々決勝で米子東高に敗れる[2]が、2試合にリリーフとして登板した。

同年秋の兵庫国体にも出場。決勝では先発を任され、甲子園で敗れた米子東高を、延長10回の熱戦の末1-0で降し優勝を飾る。この時の捕手鈴木孝雄であった。翌1957年も同期の小川敏明とバッテリーを組み、夏の甲子園県予選決勝に進出するが、津島商工高に敗退。

高校の1年先輩に星山晋徳がおり、本間と星山の二人併せて、1957年11月8日大阪タイガースへの入団が発表された[3]

プロ3年目の1960年に先発・中継ぎ双方併せて47試合に登板。初勝利を含む13勝を挙げる。翌1961年も8勝を挙げたが、13敗を喫した。1962年は12試合の登板に終わったが、1963年は38試合に登板、5勝を挙げた。1964年以降は、中継ぎでの登板が大部分となる。同年には、王貞治に4打席連続本塁打の4本目を打たれた。しかし、本間は王との相性はよく、王と53打席対戦して被本塁打はこの1本のみであった[3]。同年の南海ホークスとの日本シリーズでは第3戦に先発として起用されるが、安定感を欠き2回に早々と交代した。1965年は13試合の登板に終わり、オフに西鉄ライオンズ安部和春とのトレードで移籍。移籍一年目の1966年は主に中継ぎとして登板し、防御率1点台を記録した。しかし1967年は僅か4試合の登板に終わり、同年オフに現役を引退した。

引退後は14年間新聞記者として活動[3]

1982年に阪神のフロント入りし、営業・広報などを担当[3]2002年に広報部長を退任した。阪神タイガースOB会副会長を務めている。2009年1月から『月刊タイガース』で「本間勝交遊録」を連載中。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1958 阪神 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 24 5.1 4 2 4 0 0 1 0 0 3 2 3.00 1.50
1959 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 18 4.0 5 0 1 0 0 4 0 0 1 1 2.25 1.50
1960 47 23 4 1 0 13 8 -- -- .619 765 190.1 155 16 63 5 4 102 2 0 68 59 2.78 1.15
1961 41 21 5 0 1 8 13 -- -- .381 686 167.2 149 20 44 3 7 97 2 2 73 65 3.48 1.15
1962 12 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 85 19.1 20 2 7 0 2 17 0 0 10 9 4.05 1.40
1963 38 18 5 2 0 5 8 -- -- .385 566 139.1 123 10 47 1 1 74 2 0 48 39 2.51 1.22
1964 29 8 2 1 1 1 3 -- -- .250 327 84.2 65 7 19 1 0 38 0 0 27 24 2.54 0.99
1965 13 2 0 0 0 1 2 -- -- .333 104 27.0 19 2 5 0 2 19 0 0 7 6 2.00 0.89
1966 西鉄 27 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 199 49.2 43 2 15 1 0 23 0 0 13 10 1.80 1.17
1967 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 27 6.0 7 3 4 0 0 2 0 0 5 5 7.50 1.83
通算:10年 216 76 16 4 2 28 38 -- -- .424 2801 693.1 590 64 209 11 16 377 6 2 255 220 2.86 1.15
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 14(1958年 - 1962年、1966年 - 1967年)
  • 45(1963年 - 1965年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ a b c d 内田雅也 (2012年3月27日). “猛虎人国記(21)~愛知県(中)~「鶴の恩返し」伊藤敦の連投 江夏支えた「ダンプ辻」”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/mouko/kiji/K20120327002919490.html 2013年8月18日閲覧。 

関連項目[編集]