本間資貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
本間資貞
時代 鎌倉時代後期
生誕 永仁5年(1297年[注釈 1]
死没 元弘3年/正慶2年2月2日1333年2月16日
別名 九郎[1]
氏族 本間氏
本間資忠[2]

本間 資貞(ほんま すけさだ)は、鎌倉時代後期の武将

経歴・人物[編集]

本間氏相模国小野氏の一族[3]北条高時に仕えた御家人人見光行に従い、楠木正成の守る河内赤坂城に攻めいり、光行と共に抜け駆けをし、討死した(上赤坂城の戦い[1][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『太平記』巻六「赤坂合戦事付人見本間抜懸事」の記述、「相摸の国の住人本間九郎資貞、生年三十七、鎌倉を出でしより軍の先陣を懸けて、屍を戦場に晒さん事を存じて相向かへり。」を元に逆算。

出典[編集]

  1. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『本間資貞』 - コトバンク
  2. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『本間資忠』 - コトバンク
  3. ^ 三山進 著『鎌倉仏教』新潮社、p.250 (1988)
  4. ^ 『太平記』巻六「赤坂合戦事付人見本間抜懸事」