札幌シネマフロンティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
札幌シネマフロンティア
Sapporo Cinema Frontier
正面の売店上部には、映画の予告編などを流すスクリーンがある。
情報
正式名称 札幌シネマフロンティア
完成 2003年
開館 2003年2月22日
開館公演 ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔
収容人員 (12スクリーン)2,705人
設備 ソニーデジタルシネマ
用途 映画上映
運営 TOHOシネマズ株式会社
所在地 060-0005
北海道札幌市中央区北5条西2丁目
JRタワー札幌ステラプレイス7階
位置 北緯43度4分5秒 東経141度21分4.4秒 / 北緯43.06806度 東経141.351222度 / 43.06806; 141.351222座標: 北緯43度4分5秒 東経141度21分4.4秒 / 北緯43.06806度 東経141.351222度 / 43.06806; 141.351222
アクセス JR札幌駅地下鉄さっぽろ駅直結
外部リンク http://www.cinemafrontier.net/

札幌シネマフロンティア(さっぽろシネマフロンティア、Sapporo Cinema Frontier)は、札幌駅駅ビル札幌ステラプレイスセンター7階に位置する複合施設型シネマコンプレックス

略歴・概要[編集]

2003年2月22日、『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』の上映で先行オープンし、同年3月6日にグランドオープン。2013年3月で開業10周年を迎えた。

1999年、同所にAMCシアターズ進出の動きがあったため[1]、AMCに出られたら終わりだと同社の進出を阻止するため[1]、当時の岡田茂東映会長ら、東映、東宝松竹のトップが手を握り[1]、日本で初めて、大手映画会社3社が共同経営するシネコンとして誕生した[1]。開業後、TOHOシネマズ東宝松竹マルチプレックスシアターズ松竹ティ・ジョイ東映の共同事業体で運営していたが[2]2012年3月1日付でTOHOシネマズ株式会社に運営委託された[3]。ただし現時点でシネマイレージやvitなどのサービスは行われていない。2016年2月27日にリニューアルオープン。

特徴[編集]

  • スクリーン数は12、総座席数は2,705席。シアターという天井の高い空間を確保するため、7階だけではなく8階の空間もまたがって使用している。札幌にあるシアターとしては、駅直結であることや新設から間もないことを理由として非常に人気が高い。
  • コンセッションではコカ・コーラを販売している。ユナイテッド・シネマ札幌(同市中央区サッポロファクトリー内)はペプシコーラがコンセッションで販売している。
  • 3D上映はソニーデジタルシネマ3D(RealD方式)を採用している。
正面には売店(コンセッション)が、左手には券売り場(チケットボックス)が、右手にはエントランスがある

システム[編集]

35mmフィルムでの上映ではなく、すべての作品がデジタル上映となっている。

映写[編集]

かつて、全シアターのうち3番スクリーン(259席)と8番スクリーン(455席)シアターのみが、フィルム映写ではなくデジタルで映写を行うDLPシステムを採用していたが、2011年12月22日より全シアターがソニーデジタルシネマへと移行された[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d  「『鉄道員』は日本映画界を蘇らせるか、岡田茂東映会長が吠える!」、『経済界』1999年8月17日号、経済界、 42頁。
  2. ^ 後に3社共同経営のシネコン第2弾が大阪駅大阪ステーションシティ)にオープンしている。
  3. ^ 札幌シネマフロンティア運営会社変更について”. TOHOシネマズ (2012年2月24日). 2013年3月17日閲覧。
  4. ^ 12月22日から全スクリーンでデジタル上映開始 = 札幌シネマフロンティアがデジタルシネマ導入” (日本語). 連合通信ドットコム (2011年11月25日). 2012年9月20日閲覧。[リンク切れ]