札幌両親強盗殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

札幌両親強盗殺人事件(さっぽろりょうしんごうとうさつじんじけん)とは、1991年11月22日北海道札幌市北区で発生した強盗殺人事件。実の娘が両親を殺害した事件である。

概要[編集]

犯人の男Y(犯行当時24歳)と女C(同19歳)は1991年の5月頃に知り合い、その後8月からYの部屋で同棲を始める。Yはイベント会社社長、Cは大学1年生であった。程なくしてYの会社経営は行きずまり、当面の生活費にも困るようになる。Yは殆んど仕事をせず、Cのホステスとしての収入で生活していたという。

その後Cの両親に二人の居所を突き止められた為、強盗目的に加え邪魔な存在を消すため、YはCに両親の殺害を提案。Cもこれに同意し、11月22日未明Cの両親宅に侵入し二人を殺害(刺殺)。翌年1月6日までに保険金を解約したり、夫婦宅にあったものを売り払う等で計680万円を得ている。遺体を車ごと燃やし東区中沼町の湿地帯の地中に遺棄し、自殺に見せかけるため偽の遺書を作る等隠蔽工作を行ったが、1月26日に夫妻の遺体が発見されその日の夜にYとCは逮捕された。

裁判[編集]

裁判ではどちらが主犯か、またCは両親の殺害に直接手を下したか否かが争点となった。YとC双方の主張は悉く食い違った。Yは犯行はC主導で行われたと述べ、Cは逆にY主犯説を主張した。また犯行当時Yと肉体関係にあった人妻4人がYから亭主を保険金目当てで殺害することを提案されたと供述したが、Yはこれを全面的に否認した。Cは「犯行に応じないとお前の裸の写真をばら撒く」等とYに脅されたと供述したが、警察が押収した物品の中にはそのようなものはなかった。

判決[編集]

1995年3月23日札幌地方裁判所はYとCに無期懲役を言い渡した。検察はYへの判決のみ不服とし、控訴、更に上告までしたがいずれも棄却され1999年12月26日にYも無期懲役が確定した。裁判長は事件が「Yが立案し、またYの指示で行われた」可能性はあるとしながらも、「Cも積極的に犯行に関与しており、二人の判決に大きな差を付けYを極刑とすべきだとは断定し難い」とした。

その他[編集]

  • 遺体は焼け焦げており激しく損傷していた。実際にCが手を下したかは損傷が激しく不明である(Yは母親はCが刺したと主張しているが、Cは両親共にYが手を下したと述べている)。
  • YとCは同棲生活中に二体のドナルドダックの縫いぐるみに「プハ」「プハプハ」と名前を付け4人家族を擬した生活を送っていた。
  • Cは「Yに性的暴行を受けていた(Cによれば性器野菜を挿入する、自分の尿を飲まされる等)」と主張したが、Yはこれを否認し「Cは軽いノリの女だった」と供述している。実際に、Yの裁判でCのこの主張が完全に否定されたために、Yは最終的に極刑を免れることとなった。(なお、その時点でCの判決は既に確定済みであった)

参考文献[編集]

  • 『新潮45』2001年1月号