札幌市円山競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
札幌市円山競技場
"Sapporo Maruyama Athletics Stadium"
札幌市円山競技場
札幌市円山競技場の位置(札幌市内)
札幌市円山競技場
施設情報
所在地 北海道札幌市中央区宮ヶ丘3
位置 北緯43度3分9.8秒
東経141度18分14.9秒
座標: 北緯43度3分9.8秒 東経141度18分14.9秒
開場 1934年
所有者 札幌市
運用者 さっぽろ健康スポーツ財団(指定管理者
使用チーム、大会
南部忠平記念陸上競技大会
札幌国際ハーフマラソン(発着点)
収容能力
12,000人

札幌市円山競技場(さっぽろしまるやまきょうぎじょう)は、北海道札幌市中央区円山公園(円山総合運動場)内にある陸上競技場

歴史[編集]

1934年昭和9年)に設置された。冬はフィールド内に人工結氷を施して、一周約200メートルのリンクを造成。1954年(昭和29年)にはスピードスケート世界選手権大会に使われたほか、市民に開放している。

陸上競技場としては第9回国体の会場に使用された。

札幌厚別公園競技場完成後は大きな大会の開催は減ったものの、厚別公園競技場は、風が強く参考記録になりやすいため、現在でも日本グランプリシリーズ南部忠平記念陸上競技大会が開かれる他、市民競技会や学校の記録会などに使用されている。2012年まで開催された札幌国際ハーフマラソンの発着点でもあった。

施設概要[編集]

主競技場[編集]

交通[編集]

公園内その他の施設[編集]

先代:
香川県立屋島陸上競技場
高松市
国民体育大会
主競技場

北海道国体 (1954年)
次代:
三ツ沢公園陸上競技場
横浜市