札幌市麻生球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
札幌市麻生球場
Sapporo Asabu Baseball Stadium
Sapporo Asabu Stadium.jpg
施設データ
所在地 北海道札幌市北区麻生町7
座標 北緯43度6分49.1秒 東経141度20分29.5秒 / 北緯43.113639度 東経141.341528度 / 43.113639; 141.341528座標: 北緯43度6分49.1秒 東経141度20分29.5秒 / 北緯43.113639度 東経141.341528度 / 43.113639; 141.341528
開場 1980年
所有者 札幌市
管理・運用者 (財)さっぽろ健康スポーツ財団(指定管理者
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 なし
収容能力
12,000人
グラウンドデータ
球場規模 両翼 - 92 m
中堅 - 111 m

札幌市麻生球場(さっぽろしあさぶきゅうじょう)は、北海道札幌市北区麻生町にある野球場。施設は札幌市が所有し、さっぽろ健康スポーツ財団が指定管理者として運営管理を行っている。

歴史[編集]

かつて市の中心部、中島公園内には札幌市中島球場があり、高校野球大学野球などアマチュア野球公式戦などが行われるメッカであったが、老朽化が進み、外野スタンドが手狭なことから、新たな野球場を整備する方針が決まった[1]。建設地を北区の麻生町七丁目として整備事業が進められたが、1978年、建設予定地で擦文時代前期(約1,000年前)の遺跡が見つかったため発掘調査が行われ、竪穴式住居須恵器などが出土した[2]。出土品は文化財に指定され、札幌市埋蔵文化財センターに所蔵された。

麻生球場の整備事業はこの調査終了後に再開され、1980年に竣工、開場した[3]。これに伴い、同年限りで中島球場は閉鎖された。開場以来、高校野球、大学野球などアマチュア公式戦が行われており、高校野球では札幌支部予選の開催場所のひとつとなっている。但し北海道大会は札幌市円山球場で行われるため、札幌圏の球児以外にはあまり馴染みがない。また大学野球では札幌学生野球連盟のうち二部・三部のリーグ戦が行われている。

2018年5月10日、春季全道高校野球大会札幌支部予選が行われている中で、手動交換式スコアボードの準備をしていた高校生が、倒れてきた校名プレート(1枚約15kg)に挟まれて骨折する事故が発生した[4]。スコアボードの板は、翌月にかけて軽量化したものに交換されている。

住宅街の中にあるため、鳴り物を使用しての応援は一切禁止されている。また、すぐ側に下水処理場があるため、周辺には独特の臭気がある。

施設概要[編集]

  • グラウンド面積:
  • 両翼:92m、中堅:111m
  • 内野:土、外野:天然芝
  • 照明設備:なし
  • 収容人員:12,000人
  • スコアボード:パネル式

交通[編集]

官製談合事件(2013年)[編集]

2016年11月8日北海道警察捜査2課等は、札幌市観光文化局スポーツ部が2013年2月に発注した麻生球場の搬入ゲート取り換え工事の指名競争入札において、同部職員(逮捕時定年退職)と市内建築金物製作会社営業課長が協議のうえ、当該会社が受注できるよう市職員が入札の設計金額などを漏らし、当該会社が470万円(落札率94.7%)で落札し、入札の公正を妨害した行為に対し、関係した二名を官製談合防止法第8条違反の疑いで逮捕した[5][6][7]。同日、市スポーツ部長手島久仁彦は緊急記者会見で報道資料を公表し、当該職員が札幌健康スポーツ財団に勤務している事実などを公表して陳謝した[8][9]。また市長の秋元克広は、再発防止と信頼回復に努めるとコメントした[8]

2016年11月9日北海道新聞社説で「市職員が入札の不正に絡んで逮捕されたのは、2011年以降の5年間で3人目。構造的な問題とみられても仕方があるまい」と書いた[10]

2017年1月27日札幌地裁は観光文化局(2017年現在はスポーツ局)の元職員に対し、官製談合防止法違反の罪で懲役1年執行猶予3年の有罪判決を言い渡した[11]

同年2月13日、札幌市は官製談合事件について「不適正な契約行為の申出に係る内部調査結果について」と題する調査報告と懲戒処分を発表[11]。判決を受けた元職員の上司と同僚に「職員の指揮監督及び厳正な事務執行体制の確保に一定の遺漏があった」「適正な事務執行に関する意識を欠いていた」との事実を認め、係る行為が地方公務員法第32条(法令等遵守義務)及び第33条(信用保持義務)に違反するとして、スポーツ局課長(事件当時係長)を減給1月、経済観光局部長(当時スポーツ局部長)を減給1月、建設局一般職 (当時スポーツ局一般職)を文書厳重注意の処分を実施したと発表した[11]。ただし局長職及び課長職は退職済のため処分対象とならなかった[11]。秋元克広は、「市民のみなさまに多大なるご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」「札幌市としての再発防止策を策定しましたので、これらの取り組みを効果的に進め、今後このような事態が発生しないよう、市民のみなさまの信頼回復に向けて全力を尽くしてまいりたいと考えております」とのコメントを発表し、指名競争入札の適用(2015年度の全入札中の指名競争入札率78%)を厳格化し一般競争入札を拡大する等の再発防止策を公表した[11]

また秋元は、同年3月23日の市長記者会見において、特別職の引責について、市長・副市長・教育長の給与の一部を1か月減額するため、平成29年第1回定例市議会に条例[12]の改正案[13]を提案することを発表した[14][15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アマチュア野球の殿堂だった 中島球場(PDF) - 札幌市公式サイト、2018年3月31日閲覧
  2. ^ - 札幌市K-446遺跡出土の遺物(PDF) - 札幌市公式サイト、2018年3月31日閲覧
  3. ^ 麻生球場 - 札幌市公式サイト、2018年3月31日閲覧
  4. ^ 校名板倒れ野球部員重傷 札幌麻生球場 道高野連、改修を要望”. 北海道新聞電子版 (2018年6月9日). 2018年6月13日閲覧。
  5. ^ 朝日新聞 (2016年11月8日). “元札幌市職員ら官製談合容疑で逮捕 野球場工事で便宜か” (日本語). 朝日新聞デジタル (東京都). http://www.asahi.com/articles/ASJC804FCJC7IIPE05L.html 2016年12月15日閲覧。 
  6. ^ 時事通信社 (2016年11月8日). “札幌市元職員ら逮捕=球場改修で官製談合疑い” (日本語). 時事ドットコム (東京都). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016110800021&g=soc 2016年12月15日閲覧。 
  7. ^ 北海道新聞社 (2016年11月8日). “札幌市元職員ら逮捕 球場営繕で官製談合容疑” (日本語). どうしんウェブ (札幌市). オリジナルの2016年11月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161108151616/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0335725.html 2016年12月15日閲覧。 
  8. ^ a b 札幌市スポーツ部 (2016年11月8日), “元札幌市職員の逮捕に関して” (日本語) (PDF) (プレスリリース), http://www.city.sapporo.jp/somu/koho/hodo/201611/documents/sports_taiho.pdf 2016年12月15日閲覧。 
  9. ^ 共同通信社 (2016年11月8日). “元職員逮捕で札幌市謝罪 「信頼損ね、おわび」” (日本語). 共同通信47NEWS (東京都). http://this.kiji.is/168466575502524419 2016年12月15日閲覧。 
  10. ^ 北海道新聞社 (2016年11月9日). “札幌市官製談合 徹底した癒着の排除を” (日本語). どうしんウェブ/電子版(社説) (札幌市). オリジナルの2016年11月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161110170809/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0091581.html 2016年12月15日閲覧。 
  11. ^ a b c d e “報道発表資料(不適正な契約事務に係る職員の懲戒処分及び再発防止策について)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 札幌市, (2017年2月13日), https://www.city.sapporo.jp/somu/koho/hodo/201702/documents/20170213kanseidan.pdf 2017年6月24日閲覧。 
  12. ^ 札幌市 (2017年3月30日). “札幌市特別職の職員の給与に関する条例昭和26年7月21日条例第28号”. 札幌市議会. 2017年6月24日閲覧。
  13. ^ “定例市長記者会見広報資料「札幌市特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案」について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 札幌市, (2017年3月24日), https://www.city.sapporo.jp/city/mayor/interview/text/2016/20170323/documents/genkyu.pdf 2017年6月24日閲覧, "1 改正内容 市長及び町田副市長については給料月額の30%、その他の副市長については給料月額の 20%、教育長については給料月額の10%をそれぞれ 1 月間減額する。なお、これに伴い、地域手当(給料月額の3%)も減額となる。2 改正条例案の提案・実施時期等 ○3月2日(金)の市議会本会議で提案予定。○条例の公布の日から施行することとし、実際に減額する期間は施行の日の翌日から1月間とする。合計減額 秋元市長412,717円 町田副市長332,109円 板垣副市長・吉岡副市長221,406円 長岡教育長89,208円" 
  14. ^ 秋元克広 (2017年3月24日). “平成28年度第20回定例市長記者会見記録”. 札幌市. 2017年6月24日閲覧。 “このたび、私と3副市長、教育長の給与の一部を1カ月間減額することとし、現在開会中の平成29年第1回定例市議会に条例改正案(札幌市特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案)を追加提出することといたしましたので、お知らせをいたします。”
  15. ^ 札幌市広報部 (2017年3月23日). 平成28年度第20回定例市長記者会見発表項目編 (記者会見映像(YouTube 札幌市広報部チャンネル)). 札幌市.. https://www.youtube.com/watch?v=C7ijgOQB7rs 

関連項目[編集]