札幌映像プロダクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社札幌映像プロダクション
SAPPORO EIZO PRODUCTION CO., LTD
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
060-0001
北海道札幌市中央区北1条西8丁目1番地1
STVアネックス4F
設立 1975年(昭和50年)12月22日
業種 情報・通信業
事業内容 番組・CM制作など放送にかかわる業務、各種ビデオ制作、他
代表者 一ノ渡朋典(代表取締役会長)
津嶋徳一(代表取締役社長)
資本金 3,000万円
従業員数 123名
主要株主 札幌テレビ放送株式会社 100%
主要子会社 株式会社映像ポラリス
有限会社プロモーション・エス
外部リンク http://www.apro-g.co.jp/
特記事項:2012年7月1日にオフィスサッポロを吸収合併
テンプレートを表示

札幌映像プロダクション(さっぽろえいぞうプロダクション)は、放送番組の制作、中継、放送局へのスタッフ派遣などの業務を行う企業

概要[編集]

先住民族アイヌの伝統文化を映像として記録することを目的に札幌テレビ放送 (STV)の子会社として、1975年(昭和50年)12月22日設立。現在、衛星中継を含め、映像に関する全ての分野にわたり、企画から制作、販売まで、自社のスタッフと機材によって処理することのできる総合制作プロダクション。STVへディレクター、記者、カメラマン、技術、エディターなどの派遣も行っているが、他系列局への制作協力も多い。SNG中継車を自社で所有している。4Kカメラ(SONY PMW-F552式)や4K編集機などを積極的に導入している。


アナウンサー[編集]

2012年7月1日付けで、同じく札幌テレビ放送が完全出資した子会社で、STVの契約アナウンサーを派遣していたオフィスサッポロを吸収合併し、これに伴いアナウンサーの受け入れを開始した[1]

現在所属しているアナウンサー[2]はいずれもオフィスサッポロからそのままスライドする形で転籍し、現在もSTV専属契約のアナウンサーとして出演している。

現在[編集]

過去[編集]

  • 三好りさ(STVスポーツ情報部出向を最後に2014年12月退職)
  • 巻山晃(2016年3月退職)

関連会社[編集]

出典[編集]

  1. ^ 誕生!東北・北海道最大級 新・札幌映像プロダクション(2012年7月1日)
  2. ^ 所属タレント一覧