札幌龍谷学園高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
札幌龍谷学園高等学校
札幌龍谷学園高等学校
過去の名称 札幌女子高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人札幌龍谷学園
設立年月日 1963年4月
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科(24学級)
学科内専門コース スーパー特進コース
特進コース
スーパープログレス進学コース
プログレス進学コース
未来創造コース
学期 2学期制
高校コード 01516E
所在地 060-0004
北海道札幌市中央区北4条西19丁目2-1

北緯43度3分43.6秒 東経141度19分35.3秒 / 北緯43.062111度 東経141.326472度 / 43.062111; 141.326472座標: 北緯43度3分43.6秒 東経141度19分35.3秒 / 北緯43.062111度 東経141.326472度 / 43.062111; 141.326472
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
札幌龍谷学園高等学校の位置(北海道内)
札幌龍谷学園高等学校

札幌龍谷学園高等学校(さっぽろりゅうこくがくえんこうとうがっこう)は、北海道札幌市中央区北4条西19丁目2-1にある私立高等学校である。学校法人札幌龍谷学園が運営する。西本願寺系列で、龍谷総合学園に加盟している。SRGと略すことがある。

概要[編集]

浄土真宗のみ教えを建学の精神とし、和やかな笑顔と思いやりのある言葉で人に接することを大切にするという「和顔愛語」を校訓とし、心を育てる学園を目指している。学校敷地内にはマイトリー(学生寮)があり、遠方からの生徒を多数受け入れている。2018年からは、各教室にプロジェクター、WiFiアクセスポイントが設置され、生徒1人1台のタブレット端末を持つ新たな教育がスタートした。

  • 特色
    • 生徒数は749人、教職員数は57人、事務職員数は11人である[1]
  • 学園モットー
    • 「生かされて生きる」
  • 教育目標
    • 精進努力
    • 和顔愛語
    • 報恩感謝

沿革[編集]

  • 1963年 - 1960年に焼失した札幌西高等学校跡に、札幌女子高等学校として開校
  • 1995年 2月 - 生徒会館「マイトリー」竣工
  • 1995年 4月 - 札幌女子高等学校から「札幌龍谷学園高等学校」へ校名変更
  • 1998年 - 共学制の施行と、完全週5日制の実施
  • 2000年 9月 - 武道場「崇真館」竣工
  • 2006年 4月 - 新カリキュラムスタート。普通コースの共学開始(総合コースと改称)
  • 2007年 4月 - 2007年度入学生から新制服を導入
  • 2012年 4月 - スーパー特進コースを新設
  • 2016年 10月 - 多目的活動施設「龍鳴館」竣工
  • 2018年 4月 - 校内WiFi環境整備、北海道情報専門学校と高専連携、スーパープログレス進学コース設置、総合コースを未来創造コースへ改変

部活動[編集]

概要[編集]

  • 運動部
    • ソフトテニス部
    • 男子バドミントン部
    • 女子バドミントン部
    • 男子卓球部
    • 女子卓球部
    • 馬術部
    • 野球部
    • サッカー部
    • 柔道部
    • 陸上競技部
    • 男子バスケットボール部
    • 女子バスケットボール部
    • バレーボール部
  • 文化部
    • ダンス部
    • 宗育局
    • 放送局
    • 図書局
    • 若葉会インターアクト部
    • 吟詠剣詩舞同好会
    • 太平洋太鼓同好会
    • 茶道部
    • 書道部
    • 吹奏楽部
    • 弁論部
    • ロボティクス部
    • 漫画研究部
    • ESS部
    • 美術部
    • パソコン部

特筆される成績[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]