札辻通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

札辻通(ふだのつじどおり[1])は京都市の東西の通りの一つ。東は河原町通から西は西大路通まで。九条通十条通の間に位置する。

概要[編集]

通りの名は、かつて竹田街道との交差点のあたりに高札を掲示する札の辻があったことに由来する。 昭和に入ってからの区画整理により整備された、比較的新しい通りである。 京阪国道以西は東行きの一方通行、以東は2車線の道路となっている。 沿道は住宅や小さな商店、中小企業が多い。

沿道の主な施設[編集]

  • 宇賀神社(河原町西入上ル)
  • ホテルアンテルーム京都(烏丸西入)
  • 九条塔南小学校(大宮~櫛笥)
  • 京都市南青少年活動センター(櫛笥北東)
  • 南区役所(京阪国道上ル)
  • イオン洛南ショッピングセンター(西大路~御前通東入)

交差する主な道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 京都市内の通りの名称は「通」となっていて「り」を送らない。例外として道路標識では「通り」として送る表記を採用しているが、印刷資料で送るものは極めて珍しい。京都市内の通り#表記参照

関連項目[編集]

京都市内の東西の通り
西は
西大路通
まで
北隣の通り:九条通 東は
河原町通
まで
札辻通
南隣の通り:十条通