朱常瀛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

朱 常瀛(しゅ じょうえい、1597年4月25日万暦25年3月10日) - 1645年12月21日隆武元年11月5日))は、中国の皇族。初代の王である。万暦帝の七男で、母は李敬妃である。

生涯[編集]

李敬妃は朱常瀛を産んだ同月に亡くなった。万暦47年(1619年)8月、呂氏と結婚したが、呂氏は同月に急死した。

天啓7年(1627年)、湖南衡陽の領地に移り住んだ。官員の黄用と高道素は公金である建築資金を着服して、明らかに強度の不足している材料を桂王府の工事に使用した。翌崇禎元年(1628年)9月、一部の桁が崩壊したが、2人の官員は400両の小金を銭轡として朱常瀛に与えてごまかした。崇禎2年(1629年)3月3日未明、桂王府の屋根が突然崩れ落ち、6人の側室と侍女[1]が圧死した。朱常瀛だけでなく崇禎帝も激怒し、黄用と高道素は処刑された。崇禎9年(1636年)、新しい桂王府が落成した。

崇禎16年(1643年)、朱常瀛は張献忠の勢力を避けて広西に逃亡したが、隆武元年(1646年)11月に広西梧州で49歳で病死した。三男の朱由𣜬(木+愛)が王位を継いだ。

四男は南明最後の皇帝・永暦帝となったが、その際に朱常瀛は帝位を追贈された。廟号は礼宗、は体天昌道荘毅温弘興文宣武仁智誠孝端皇帝とされ、陵は興陵と名付けられた。

宗室[編集]

妻妾[編集]

  • 正室:呂氏 - 永暦帝から孝欽端皇后と追号された。
  • 継室:王氏・ヘレナ - 永暦帝から皇太后を尊封された。
  • 側室:范氏 - 貴人(妾妻)。世子の朱由𣜬の母。
  • 側室:馬氏・マリア - 四男朱由榔(のちの永暦帝)の母。永暦帝から皇太后を尊封された。
  • 側室:孫氏 - 選侍。

男子[編集]

  • 長男:夭折。
  • 次男:夭折。世子を追贈された。
  • 三男:朱由𣜬 - 次代の桂王。
  • 四男:朱由榔 - のちの永暦帝
  • 五男:朱由榐 - 乱で戦没した。
  • 六男:朱由栄 - 乱で戦没した。
  • 七男:乱で戦没した。

女子[編集]

  • 安化長公主
  • 朱氏 (1626年 - 1627年)
  • 広徳長公主

脚注[編集]

  1. ^ 名前は崔禄寿、呂寿喜、韓栄禄、崔遐寿、楊祥寿、呂福喜。

参考文献[編集]

  • 明史
  • 『南明史』
  • 『崇禎長編』