朱慈炯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

朱 慈炯(しゅ じけい、崇禎5年8月15日1632年9月28日) - 崇禎17年(1644年)?)は、末期の皇族崇禎帝の三男で生母は周皇后

崇禎5年8月15日(1632年9月28日)に生まれ、崇禎14年(1640年)に父より定王に封じられる。しかし李自成の反乱で北京が落とされた際に行方不明になった。崇禎帝が自殺する際に殺されたとも、反乱軍に殺されたともいわれた[1]。後に南明において定哀王とされた。

僭称者の出現あるいは明滅亡時死亡説への疑義[編集]

康熙18年(1678年)、湖南新化で安親王ヨロ(岳楽)中国語版ヌルハチの七男アバタイ(阿巴泰)中国語版の子)が、一人の僧を捕虜にした。法廷で、僧は定王を自称し、崇禎帝の宮中の事情を詳しく述べた。その後、康熙帝は「定王は混乱から逃れ出ることができず、少年時に死亡した」と断定した。僧は処刑された。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 甲申年6月28日劉沢清上摂政王ドルゴン奏折