朱放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

朱放(しゅ ほう)は、中国詩人湖北省襄陽市の出身。は長通。

初め漢水の岸に住んでいたが、飢饉に遭い、剡渓(浙江省嵊州市の西南)のほとりに移住して、隠者の生活を送った。一時期、江西節度使(江西省南昌市)に招かれて参謀となったが、官僚生活が肌に合わず、辞職して帰った。貞元2年(786年)にも左拾遺に任ずる旨の詔書を受けたが、辞退して、無官のまま世を終えた。

作品に、『題竹林寺(竹林寺に題す)』(五言絶句)がある。

題竹林寺
歳月人間促 歳月 人間(じんかん)に促し
煙霞此地多 煙霞(えんか) 此の地に多し
殷勤竹林寺 殷勤(いんぎん)にす 竹林寺
更得幾回過 更に幾回(いくかい)か過(よぎ)るを得ん

参考文献[編集]