朱秀栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

朱 秀栄(しゅ しゅうえい、1494年2月19日弘治7年1月14日) - 1498年10月1日(弘治11年9月16日))は、弘治帝皇女正徳帝の同母妹である。

経歴[編集]

弘治帝張皇后の娘として、弘治7年1月14日(1494年2月19日)辰時に生まれた。父帝からは愛された。

弘治11年9月16日(1498年10月1日)、のため死去した。太康公主の位を追贈され、7頃[1]の土地を墓所管業にして賞賜し、金山に葬られた。

伝記資料[編集]

  • 『太康公主墓志銘』海淀区四季青郷正藍旗村に出土
  • 『国榷』

脚注[編集]

  1. ^ 『明史』卷59:「正統十三年定親王塋地50畝。」朱秀栄の墓地は14倍。