朱軒ビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「朱軒媺」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

朱 軒媺(しゅ けんび、万暦33年8月22日1605年10月4日) - 万暦34年5月13日1606年6月17日))は、万暦帝の第10皇女(最年少の子)。

経歴[編集]

万暦帝と順妃李氏の娘として万暦33年(1605年)8月22日丑時に生まれた。永思王朱常溥の同母妹である。

万暦34年(1606年)5月、死去した。天台公主の位を追贈され、洪達嶺に葬られた。

伝記資料[編集]

  • 『国榷』
  • 『明神宗実録』万暦33年巻、万暦34年巻