朴セリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
No image.svg 朴セリ Golf pictogram.svg
Se-ri Pak
2009 LPGA Championship - Se-ri Pak (2).jpg
基本情報
名前 朴セリ
生年月日 (1977-09-28) 1977年9月28日(42歳)
身長 167 cm (5 ft 6 in)
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 大田広域市
経歴
プロ転向 1996年
優勝数
LPGAツアー 25(内、メジャー5)
韓国LPGA 7(他にアマチュアとして4勝)
LPGAメジャー選手権最高成績
(優勝: 5)
ANA T4(2014)
全米女子プロ 優勝(1998,2002,2006)
全米女子OP 優勝(1998)
全英女子OP 優勝(2001)
エビアン T4(2013)
成績
賞金ランク最高位 韓国女子:1位(1996年)
米国女子:2位(2002年、2003年)
殿堂表彰者
選出年 2007年
選出部門 LPGA
テンプレートを表示
朴セリ
各種表記
ハングル 박세리
発音: パク・セリ
ローマ字 Pak Seri
テンプレートを表示

朴 セリ[1](パク・セリ、ハングル:박 세리、英語:Se-ri Pak、1977年9月28日 - )は、大韓民国出身の女子プロゴルファーである。名前のセリ(세리)は、ハングルによる表記のみで本来は漢字表記がない[2][注 1]。中国語の文章では「世莉」の字が宛てられており[3]、日本でも、これがセリの漢字表記だとして紹介されることがある。

人物・来歴[編集]

13歳の時からゴルフを始める。

1995年韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)ツアー開幕戦「トムボーイ女子オープンゴルフ選手権」でアマチュアとして優勝[4]、同年はこの優勝を含め4勝をアマチュアとしてあげる[5]

1996年KLPGAに入会しプロ転向[2]、同年KLPGAツアー4勝をあげ年間獲得賞金ランキング(賞金ランク)1位となる[6]

1997年KLPGAツアー2勝[7]。同年全米女子プロゴルフ協会(LPGA)のファイナルクォリファイングトーナメントを通過し翌シーズンからのツアーカードを得た[8]

1998年5月LPGAツアーメジャー大会「マクドナルドLPGA選手権」(全米女子プロゴルフ選手権)で初日から首位を譲らない完全優勝で同ツアー初優勝と同時にメジャー大会初出場初優勝、ルーキーイヤーでのメジャー大会優勝はリサロッテ・ノイマン(スウェーデン)以来となった[8]。同年7月「全米女子オープン」で20歳9ヵ月の大会史上最年少優勝を果たす、選手権とオープンの年間2冠は史上6人目、この優勝は20ホールに及ぶプレーオフで決着しており、本大会72ホールと合わせた92ホールの試合は女子プロゴルフ史上最長記録となった[8]。同年は最終的にLPGAツアー4勝[8]

1999年LPGAツアー4勝[8]、この年は日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)ツアー「グンゼカップワールドレディスゴルフトーナメント」で日本の大会に初出場し6位タイとなった[9]

2001年、この年からLPGAツアーメジャー大会に昇格した「全英女子オープン」で優勝、この優勝を含め同年はLPGAツアー5勝[8]

2002年「マクドナルドLPGA選手権」を4年ぶり2度目の優勝でメジャー4勝目、この優勝を含め同年はLPGAツアー5勝[8]

2003年は5月にKLPGAツアーで1勝[10]、LPGAツアーで3勝、2004年同ツアー1勝[8]

2005年は首や肩の故障に苦しみ[8]、「マクドナルドLPGA選手権」で予選落ちしたことから[11]、メジャー大会での連続予選通過記録が「28」で止まった[12][注 2]

2006年「マクドナルドLPGA選手権」ではカリー・ウェブとのプレーオフを制し4年ぶり3度目の優勝でメジャー5勝目、同大会では1打差の3位に宮里藍が入っている[13]

2007年6月の「マクドナルドLPGA選手権」初日を終えた時点で殿堂入りに必要な10シーズン出場を達成、すでに必要なポイントは取得していたため、同年11月韓国人選手初となる世界ゴルフ殿堂にLPGA部門で入会[8]。さらに同年KLPGA殿堂に具玉姬に次ぐ2人目の入会を果たす[14]。同年はLPGAツアーで1勝[8]

2010年5月、悪天候の影響により、急遽54ホールに短縮された「ベルマイクロLPGAクラシック」でスーザン・ペターセン(ノルウェー)、ブリタニー・リンシコム(アメリカ合衆国)とのプレーオフを制し優勝[15]。LPGAツアー通算25勝目をあげた[8]

朴の活躍に刺激されて韓国ではゴルフブームが巻き起こり、韓国人プロゴルファーが世界的に活躍するきっかけになったとされる[16]。朴に影響されてゴルフを始めた選手も多く、特にイ・ボミキム・ハヌル申智愛朴仁妃など、1988年生まれの女子プロゴルファーは「朴セリ・キッズ」と呼ばれる[1]

2016年3月18日、同年限りでの引退を表明した[17]

競技引退後はオリンピックゴルフ競技の韓国代表女子チームリーダーを務めるなど後進の指導に力を注いでいる[18]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本人の仮名表記の名前のようなものである。
  2. ^ メジャー初出場の1998年マクドナルドLPGA選手権から2005年クラフトナビスコ選手権までの28大会

出典[編集]

  1. ^ a b 朴セリ プロフィール”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2019年10月27日閲覧。
  2. ^ a b 박세리” (朝鮮語). KLPGA. 2019年10月27日閲覧。
  3. ^ 朴世莉 Se Ri Pak” (中国語). PBE 高尔夫. 2019年10月27日閲覧。
  4. ^ 제4회 톰보이여자오픈골프선수권대회” (朝鮮語). KLPGA (1995年4月29日). 2019年10月27日閲覧。
  5. ^ 박세리|KLPGA(朝鮮語)の1995년参照
  6. ^ 박세리|KLPGA(朝鮮語)の1996년参照
  7. ^ 박세리|KLPGA(朝鮮語)の1997년参照
  8. ^ a b c d e f g h i j k l Bio | SE RI PAK” (英語). LPGA. 2019年10月27日閲覧。
  9. ^ 1999年 グンゼカップワールドレディスゴルフトーナメント”. ゴルフダイジェスト・オンライン (1999年5月9日). 2019年10月27日閲覧。
  10. ^ 제1회 MBCㆍXcanvas 여자오픈골프대회” (朝鮮語). KLPGA (2003年5月18日). 2019年10月27日閲覧。
  11. ^ Results2005 | SE RI PAK”. LPGA. 2019年10月27日閲覧。
  12. ^ SE RI PAK|RESULT(英語)の各年度参照
  13. ^ 朴セリが2年ぶりの優勝でメジャー5勝目”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2006年6月12日). 2019年10月27日閲覧。
  14. ^ 시상식 내역|KLPGA(朝鮮語)の명예의 전당参照
  15. ^ パク・セリ3年ぶりV”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2010年5月17日). 2019年10月27日閲覧。
  16. ^ 【スポーツ異聞】韓国勢躍進した全米女子オープン テレビ視聴率は前年比40%減「歴史的低さ」のワケ”. 産経ニュース. 産経デジタル (2017年7月30日). 2019年8月6日閲覧。
  17. ^ 朴セリが今季限りでの引退表明”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2016年3月18日). 2019年10月27日閲覧。
  18. ^ 韓国朴セリ氏が五輪で渋野警戒”. 日刊スポーツ (2019年8月16日). 2019年10月27日閲覧。