朴元錫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朴元錫
박원석
生誕 1923年3月27日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮忠清南道大徳
死没 (2015-11-30) 2015年11月30日(92歳没)
大韓民国の旗 大韓民国
所属組織 大日本帝国陸軍
大韓民国空軍
最終階級 少尉(日本陸軍)
中将(韓国空軍)
墓所 国立ソウル顕忠院
テンプレートを表示

朴 元錫(パク・ウォンソク、박원석)は大日本帝国陸軍軍人及び大韓民国の軍人、政治家企業家創氏改名時の日本名徳田元教(とくた もときょう)。

経歴[編集]

1923年3月、忠清南道大徳で生まれる。1945年3月、陸軍航空士官学校第58期卒業。同年7月1日、陸軍少尉任官[1]

1948年4月、陸軍士官学校第5期卒業、任少尉(軍番50020番)。同年7月、航空基地司令部整備中隊長。

1949年、空軍士官学校教授処長。

1952年6月、第1戦闘飛行団参謀長兼作戦処長。同年10月、空軍本部作戦局長。

1953年4月、空軍士官学校副校長兼教授部長。同年12月、第1訓練飛行団副団長。

1956年7月、空軍大学総長。

1958年6月、空軍本部軍需局長。

1960年8月、空軍士官学校校長。

1962年8月、参謀次長、任少将。

1963年2月、中央情報部次長。同年7月、国家再建最高会議最高委員・外務国防委員長。

1964年8月、参謀総長、任中将。在任中、北朝鮮空軍MiG-17MiG-21を保有すると、これに対応してF-5A/Bを導入した。また韓国軍のベトナム戦争派兵では空輸任務を担当し、負傷患者および物資輸送のためC-54輸送機を導入した。ほかに軍需司令部を創設するなど軍需能力を向上させた。

1966年8月、予備役編入。同年9月、大韓石油公社社長。雙龍精油設立に寄与した。

学歴[編集]

叙勲[編集]

  • 銀星忠武武功勲章 - 1951年
  • 共匪討伐記章 - 1952年
  • 朝鮮戦争従軍記章英語版 - 1952年
  • 大統領綬章 - 1952年
  • 金星忠武武功勲章 - 1953年
  • 大統領綬章 - 1954年
  • 無星乙支武功勲章 - 1954年
  • 国連従軍記章英語版 - 1954年
  • 三等勤務功労勲章 - 1962年
  • 一等勤務功労勲章 - 1963年
  • ベトナム韓国特殊勲章二等 - 1965年
  • 大授雲麾勲章 - 1965年
  • 功労勲章 - 1965年

出典[編集]

  1. ^ 第145号 昭和20年7月1日 陸軍異動通報 (PDF)”. アジア歴史資料センター. pp. 1396. 2019年3月29日閲覧。

参考文献[編集]

軍職
先代:
申攸浹
大韓民国の旗 大韓民国空軍士官学校校長
第8代:1960.8.1 – 1962.8.1
次代:
朴熙東
先代:
張盛煥
大韓民国の旗 大韓民国空軍参謀総長
第8代:1964.8.1 - 1966.7.31
次代:
張志良