朴城ヒョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「朴城炫」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
No image.svg 朴城炫 Golf pictogram.svg
Sung Hyun Park
LG전자, 女 골프선수들에 ‘LG 프라엘’ 전달 (38202731931).jpg
基本情報
名前 朴城炫
生年月日 (1993-09-21) 1993年9月21日(25歳)
身長 172 cm (5 ft 8 in)
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 ソウル特別市
経歴
プロ転向 2012年
優勝数
LPGAツアー 7
韓国LPGA 10
LPGA最高成績
(優勝: 2)
ANA T6(2016年)
女子PGA 優勝(2018年)
全米女子OP 優勝(2017年)
全英女子OP 8(2019年)
エビアン T2(2016年)
成績
世界ランク最高位 1位(2017年11月6日付)
賞金ランク最高位 韓国女子:1位=2016年
全米女子:1位=2017年
2019年7月13日現在
テンプレートを表示

朴 城炫[1](パク・ソンヒョン、ハングル:박 성현、英語:Sung Hyun Park[2]1993年9月21日 - )はソウル特別市出身の大韓民国の女子プロゴルファーである。

経歴[編集]

両親の勧めでゴルフを始める[3]

2012年10月に韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)入会[1]。2013年は主にKLPGAの下部ツアーに参戦、2部ドリームツアーで1勝、3部ジャンプツアーで3勝をあげる[4]

2014年からはKLPGAツアーに参戦[5]

2015年6月、KLPGAツアー「韓国女子オープンゴルフ選手権」で優勝、レギュラーツアー初優勝をメジャー大会で飾る[6]。同年は最終的に同ツアー3勝で年間獲得賞金ランキング(賞金ランク)2位となる[7]

2016年、第8代KLPGA広報モデルにコ・ジンヨン(高眞榮)等と共に選出される[8]。(KLPGA広報モデルは前年度KLPGAツアー年間獲得賞金ランキング60位以内の選手から10名程度選出される[9]

同年シーズンはKLPGAツアーで7勝(前年12月開催の中国女子プロゴルフ協会と共催の「中国女子オープン」を含む)をあげ、賞金ランク1位(賞金女王)となる[10]。同年全米女子プロゴルフ協会(LPGA)ツアーにも7試合参戦し、トップ10フィニッシュ4回[2]。翌シーズンからのLPGAツアーカードを得た[11]。また同年12月19日付の女子ゴルフ世界ランキング(世界ランク)で10位に入ったが[12]、LPGAツアーメンバー以外でトップ10に入ったのは史上初であった[2]

2017年7月の「全米女子オープン」でLPGAツアー初優勝をメジャータイトルで飾った[11]。その後8月の「カナディアンパシフィック女子オープン」で同ツアー2勝目をあげると[13]、同年11月6日付の世界ランクで自身初の1位となる[14](この時は翌週フォン・シャンシャン(馮珊珊)に逆転され2位に陥落した[15])。ルーキーイヤーに世界ランク1位となるのは史上初の事であった[16]

同年は最終的に「ルーキーオブザイヤー」、「プレイヤーオブザイヤー」、「賞金女王」を受賞、「プレイヤーオブザイヤー」はユ・ソヨン(柳簫然)との同時受賞である[2]。「ルーキーオブザイヤー」と「プレイヤーオブザイヤー」の同時受賞は1978年のナンシー・ロペス以来であった[2]。またKLPGAツアー賞金女王経験者がLPGAツアー賞金女王になるのは申ジエ(申智愛‎)以来となった[17]

2018年7月のLPGAツアー「KPMG女子PGA選手権」(全米女子プロゴルフ選手権)でメジャー2勝目。同年8月の「インディ女子インテック選手権」で優勝すると[18]、直後の同年8月20日付世界ランクで1位に返り咲き[19]、同年10月22日付まで維持した[20]

2019年3月のLPGAツアー「HSBC女子チャンピオンズ」で優勝[21]、直後の同年3月4日付世界ランクで再び1位に返り咲く[22]。同年4月の同ツアーメジャー大会「ANAインスピレーション」で52位タイに終わり(優勝はコ・ジンヨン)[23]、直後の同年4月8日付世界ランクでコ・ジンヨンに逆転され2位に陥落した[24]。6月の同ツアー「ウォルマートNWアーカンソー選手権」でシーズン2勝目をあげ[25]、直後の同年7月1日付世界ランクでコ・ジンヨンを逆転し3度目の1位返り咲き[26]。7月の同ツアーメジャー大会「エビアン選手権」で6位タイに終わり(優勝はコ・ジンヨン)[27]、直後の同年7月29日付世界ランクで再びコ・ジンヨンに逆転され2位に陥落した[28]

ツアー優勝歴[編集]

LPGAツアー[編集]

※本項はLPGAプロフィールページに基づく[2]。大会名は優勝当時で表記し太字はメジャー大会である。なお「KPMG女子PGA選手権」は日本で「全米女子プロゴルフ選手権」と表記される大会のことである。

  • 2017年:全米女子オープン、カナディアンパシフィック女子オープン
  • 2018年:ボランティアオブアメリカ・LPGAテキサスクラシック、KPMG女子PGA選手権、インディ女子インテック選手権
  • 2019年:HSBC女子チャンピオンズ、ウォルマートNWアーカンソー選手権

LPGAメジャー大会の成績[編集]

※本項の成績はResult|PARK SUNG NYUN(英語)の各年度に基づく

大会 2016 2017 2018 2019
ANAインスピレーション T6 T14 T9 T52
全米女子プロゴルフ選手権 DNP T14 1 2
全米女子オープン T3 1 CUT T12
全英女子オープン T50 T16 T15 8
エビアン選手権 T2 T26 CUT T6

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 박성현” (朝鮮語). KLPGA. 2019年7月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Bio | SUNG HYUN PARK” (英語). LPGA. 2019年7月13日閲覧。
  3. ^ パク・ソンヒョン プロフィール”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2019年7月13日閲覧。
  4. ^ 박성현|KLPGA(朝鮮語)の2013년参照
  5. ^ 박성현|KLPGA(朝鮮語)の2014년参照
  6. ^ 기아자동차 제29회 한국여자오픈 골프선수권대회” (朝鮮語). KLPGA (2015年6月21日). 2019年7月13日閲覧。
  7. ^ 박성현|KLPGA(朝鮮語)の2015년参照
  8. ^ KLPGA広報モデル10年分を大公開(3ページ目)”. スポーツソウル (2019年2月2日). 2019年7月13日閲覧。
  9. ^ KLPGA広報モデル10年分を大公開(1ページ目)”. スポーツソウル (2019年2月2日). 2019年7月13日閲覧。
  10. ^ 박성현|KLPGA(朝鮮語)の2016년参照
  11. ^ a b 韓国の23歳ルーキー!パク・ソンヒョンが全米女子OP初制覇”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2017年7月17日). 2019年7月13日閲覧。
  12. ^ Rankings2016-12-19” (英語). Women's World Golf Rankings (2016年12月19日). 2019年7月13日閲覧。
  13. ^ 全米女子覇者パク・ソンヒョンが逆転で2勝目 野村敏京は22位”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2017年8月28日). 2019年7月13日閲覧。
  14. ^ Rankings2017-11-06” (英語). Women's World Golf Rankings (2017年11月6日). 2019年7月13日閲覧。
  15. ^ Rankings2017-11-13” (英語). Women's World Golf Rankings (2017年11月13日). 2019年7月27日閲覧。
  16. ^ パク・ソンヒョンが1位に浮上 ルーキーでは史上初【女子世界ランキング】”. ALBA.Net (2017年11月7日). 2019年7月13日閲覧。
  17. ^ Template:韓国女子ゴルフ歴代賞金女王とTemplate:LPGAツアー歴代賞金女王を参照
  18. ^ パク・ソンヒョンが今季3勝目”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2018年8月20日). 2019年7月27日閲覧。
  19. ^ Rankings2018-08-20” (英語). Women's World Golf Rankings (2018年8月20日). 2019年7月27日閲覧。
  20. ^ Rankings2018-10-22” (英語). Women's World Golf Rankings (2018年10月22日). 2019年7月27日閲覧。
  21. ^ パク・ソンヒョンが通算6勝目”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年3月3日). 2019年7月27日閲覧。
  22. ^ Rankings2019-03-04” (英語). Women's World Golf Rankings (2019年3月4日). 2019年7月27日閲覧。
  23. ^ 2019年 ANAインスピレーション 最終日 スコア結果”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年4月7日). 2019年7月13日閲覧。
  24. ^ Rankings2019-04-08” (英語). Women's World Golf Rankings (2019年4月8日). 2019年7月13日閲覧。
  25. ^ パク・ソンヒョンが今季2勝目 畑岡奈紗はイーグル締め”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年7月1日). 2019年7月13日閲覧。
  26. ^ Rankings2019-07-01” (英語). Women's World Golf Rankings (2019年7月1日). 2019年7月13日閲覧。
  27. ^ 2019年 エビアン選手権 最終日 スコア結果”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年7月29日). 2019年7月29日閲覧。
  28. ^ Rankings2019-07-29” (英語). Women's World Golf Rankings (2019年7月29日). 2019年7月29日閲覧。