朴成華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朴 成華 Football pictogram.svg
名前
カタカナ パク・ソンファ
ハングル 박성화
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1955-05-07) 1955年5月7日(63歳)
出身地 慶尚南道蔚山市(現・蔚山広域市)
身長 178cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FWMFDF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1974-1977
1978-1979
1980-1982
1983-1985
1986-1987
高麗大学校
浦項製鉄
陸軍
ハレルヤ
浦項製鉄アトムズ



37 0(9)
32 0(0)
代表歴
1974-1984 大韓民国の旗 韓国 92 (28)
監督歴
1988-1989
1989-1991
1992
1993-1994
1996-2000
2001-2005
2003-2004
2007
2007-2008
2010-2011
2011-2013
2015
大韓民国の旗 浦項製鉄高等学校
大韓民国の旗 現代ホランイ(コーチ)
大韓民国の旗 油公コッキリ(コーチ)
大韓民国の旗 油公コッキリ
大韓民国の旗 浦項スティーラーズ
 U-20韓国代表
 韓国代表 (コーチ)
大韓民国の旗 釜山アイパーク
 U-23韓国代表
中華人民共和国の旗 大連実徳
 ミャンマー代表 (コーチ)
大韓民国の旗慶南FC
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

朴 成華(パク・ソンファ、박성화1955年5月7日 - )は、大韓民国出身の元サッカー選手及びサッカー指導者。

来歴[編集]

高麗大学校卒業後、1978年に浦項製鉄に加入する。兵役を経て1983年からはハレルヤに所属し、Kリーグ初年度となった1983年シーズンにはチームはリーグ優勝、彼はリーグMVPに輝いた。浦項製鉄に復帰した1987年にも2度目のリーグ優勝を経験する。1987年シーズンを最後に現役を退いた。

韓国代表としては、92試合に出場して28得点(または88試合25得点[1])を記録した。

引退後は指導者に転じ、1993年に油公コッキリで初めてプロチームの監督を務める。1996年から2000年まで率いた浦項スティーラーズでは、1996年FAカップ優勝、1997年と1998年のアジアクラブ選手権連覇に導いた。

2001年から2005年までU-20韓国代表の監督を務め、2002年と2004年にAFCユース選手権を連覇した[2]。また2003年からはウンベルト・コエリョの下で韓国A代表のアシスタントコーチも務め、同監督が辞任したあとの2004年4月から6月にかけて暫定監督にもなった。2007年7月に釜山アイパーク監督に就任するが、1ヶ月と経たずに同職を辞任してオリンピック韓国代表の監督となった[1]。オリンピック韓国代表はアジア予選を突破し、2008年の北京オリンピック本大会でも指揮を取った。大連実徳サッカーミャンマー代表慶南FCの監督やコーチを歴任。

タイトル[編集]

選手[編集]

ハレルヤ
浦項製鉄アトムズ
  • Kリーグ:1986
個人タイトル
  • Kリーグ年間最優秀選手:1983
  • Kリーグベストイレブン:1983、1984

指導者[編集]

油公コッキリ
浦項スティーラーズ
U-20韓国代表

脚注[編集]

  1. ^ a b パク・ソンファ氏、韓国五輪代表監督(U-22)に就任” (日本語). eaff.com (2007年8月6日). 2010年2月9日閲覧。
  2. ^ 박성화 감독 사상 두번째 대회2연패 감독.” (韓国語). 조이뉴스24 (2004年10月10日). 2010年2月9日閲覧。

関連項目[編集]