朴清三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
大韓民国の旗 大韓民国
柔道
世界柔道選手権
1967 ソルトレイクシティー 軽中量級
ユニバーシアード
1967 東京 軽中量級

朴 清三(パク チョンサム、: 박 청삼: Park Chung-Sam1946年11月9日 - )は韓国柔道家。階級は軽量級。身長164cm[1]

人物[編集]

1964年の東京オリンピック軽量級では準々決勝で敗れて5位に終わりメダルを獲得できなかった[1]。1967年にソルトレイクシティーで開催された世界選手権軽中量級では湊谷弘掬投で敗れたが銅メダルを獲得した[2][3]。日本の法政大学に留学していたことからユニバーシアードに出場して、決勝では山崎祐次郎と対戦した。背負投が得意同士の一戦として注目されたが、山崎に背負い投げで2度技ありを取られて敗れた。団体戦でも2位だった[4][5]

主な戦績[編集]

(出典[1])。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Biography and Olympic Results
  2. ^ 「激動の昭和スポーツ史⑯ 柔道 青葉号」 ベースボールマガジン社、1989年発行
  3. ^ 「大会記録 国際大会」『柔道大事典』 アテネ書房、ISBN 978-4871522052
  4. ^ 「戦後大学柔道の軌跡 vol.10」近代柔道 ベースボールマガジン社、1991年3月号
  5. ^ 유도에 대한 모든것 리포트 - 해피캠퍼스