朴潤基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
朴 潤基 Football pictogram.svg
名前
カタカナ パク ユンギ
ラテン文字 Park Yoon-Ki
ハングル 박윤기
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 1960年6月10日(55歳)
出身地 江原道太白市
身長 170cm[1]
体重 64kg[1]
選手情報
ポジション FW[1]
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1982 ソウル市役所
1983-1986 油公コッキリ 84 (19)
1987 ラッキー金星黄牛 13 (02)
1988-1989 マツダSC
代表歴
1978-1979  韓国 U-19 /20
監督歴
1991-1996 ソウル工業高校
2003-2004 江陵第一高校
2004-2007 ソウル工業高校
2008 牙山ユナイテッドFC
1. 国内リーグ戦に限る。2010年12月27日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

朴 潤基[1](パク ユンギ、朝鮮語: 박윤기[2]1960年6月10日 - )は、大韓民国の元サッカー選手、指導者。江原道太白市出身。ポジションはフォワード(FW)

Kリーグ初代得点王。

来歴[編集]

小学4年生からサッカーを始める。1978年東北高校在学時にU-19韓国代表に選出され、張外龍らと共にAFCユース選手権1978に出場し優勝する[3]

1979年、家庭の経済的理由から高校卒業後は大学進学を諦め、実業団リーグのソウル市役所FC韓国語版へ入団する。同年には崔淳鎬らと共にU-20韓国代表に選ばれ、1979 FIFAワールドユース選手権に3試合出場した[4]。ソウル市役所では中心選手として活躍、全国サッカー選手権大会2回優勝に貢献、1982年第37回大会にはMVPを受賞した。この活躍から1983年から始まるスーパーリーグ(現Kリーグ)のチームからスカウトされる[3]

1983年、スーパーリーグの油公コッキリ(現済州ユナイテッドFC)に入団。開幕戦となった対ハレルヤFC(現安山ハレルヤ)戦でKリーグにおける記念すべき1号ゴールを決めている[5]。その後も得点を重ね14試合9ゴールで、Kリーグ初代得点王および同年のベスト11に選ばれる。1985年に足首を負傷したこともあり低迷し、1986年に戦力外となった[3]

1987年、スーパーリーグのラッキー金星黄牛(現FCソウル)に移籍し、同年のPOSCOアトムス(現浦項スティーラース)戦でKリーグ通算1000ゴール目を挙げている。ただ、このゴールが自身キャリアにおけるKリーグ最後の得点となった[3]

1988年、日本サッカーリーグ2部のマツダSC(現サンフレッチェ広島F.C)に入団し、コーチ兼任選手として1988年-1989年のJSLの1シーズン在籍した後、現役引退した[3]

その後は帰国しソウル工業高等学校韓国語版サッカー部にスタッフ入りし安貞桓をスカウト、1991年から監督に就任し安などを指導した。また在籍中、1994年にU-19韓国代表コーチも兼務し、AFCユース選手権1994に挑むもグループリーグで敗退した。以降もアマチュアを中心に指導者として活躍した[3]

2008年にはK3リーグ牙山ユナイテッドFC韓国語版監督に就任している。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

  • 1991年 - 1996年 韓国の旗 ソウル工業高校 (ko 監督
  • 1997年 - 2002年 韓国の旗 漢城大学校 コーチ
  • 2003年 - 2004年 韓国の旗 江陵第一高校 (ko 監督
  • 2004年 - 2007年 韓国の旗 ソウル工業高校 監督
  • 2008年 韓国の旗 牙山ユナイテッドFC (ko 監督

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 박윤기 (朴潤基) Kリーグ(韓国語)
  2. ^ 韓国語ラテン翻字: Park Yoon-Ki
  3. ^ a b c d e f 박윤기” (韓国語). Legends of K-League. 2013年8月17日閲覧。
  4. ^ FIFA Player Statistics” (英語). FIFA. 2013年8月17日閲覧。
  5. ^ <サッカー>26年間待った'1万号ゴール'がオウンゴールとは…” (日本語). 中央日報 (2008年11月11日). 2013年8月17日閲覧。

関連項目[編集]