朽木寒三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

朽木寒三(くちき かんぞう、1925年5月20日[1]2019年5月22日[2])は、日本の作家。

人物[編集]

北海道生まれ。本名・水口安典。東京農工大学卒。在学中に召集され、中国戦線に従軍。「馬」を扱う兵士の苦しみを体験したことが、馬賊物の傑作「馬賊戦記」を生む下地になった。

著書[編集]

  • 『馬賊戦記 小日向白朗と満洲』番町書房 1966 徳間文庫 1982
  • 『馬賊戦記 小日向白朗と満洲 続』番町書房 1966
  • 『馬賊と女将軍 中島成子戦記』徳間書店 1967 伝記叢書 大空社, 1999
  • 『馬賊天鬼将軍伝』徳間書店 1981 徳間文庫 1984
  • 『馬賊天鬼将軍伝 続』徳間書店 1981
  • 『少年マタギと名犬タケル』(どんぐりブックス)ポプラ社 1987
  • 『釧路湿原 北海道カウボーイ物語』 (シリーズ・ヒューマンドキュメント) 小泉澄夫絵 理論社 1989
  • 『馬賊戦記 小日向白朗蘇るヒーロー 上 新装改訂版』ストーク 2005

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2016
  2. ^ 「文藝家協会ニュース」6月号