杉並区立中央図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Library) w.svg 杉並区立中央図書館
Suginami City Central Library.jpg
施設情報
専門分野 総合
管理運営 杉並区
建物設計 黒川紀章建築都市設計事務所
開館 1982年10月5日
所在地 167-0051
東京都杉並区荻窪3-40-23
統計情報
蔵書数 812,000冊 (2013年[1]時点)
公式サイト 中央図書館
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

杉並区立中央図書館(すぎなみくりつちゅうおうとしょかん)は、杉並区荻窪三丁目に所在する区立図書館

概要[編集]

昭和57年10月に杉並区政五十周年記念施設として現在の地に新規開館した区立図書館。それ以前は通りを隔てた現在の杉並区立荻窪体育館(中央図書館北側)敷地内に「杉並図書館」として公民館[2]と共に所在した。

区内に13ある図書館の中心的な役割を担い、蔵書数812,000冊を持つ都内最大級の公立図書館である[3]。杉並区の図書総数約220万冊の三分の一の保管と管理を行っている[4]

隣接する敷地に「杉並区立 読書の森公園」(平成18年3月開園)が併設されている(中央図書館内からの出入は不可)。読書の森公園と中央図書館の間(読書の森公園内)に「ガンジー修養所再建トラスト」(本部:デリー)より杉並区へ寄贈されたマハトマ・ガンジー像(ブロンズ像)が設置されている[5]

平成25年度(2013年4月)から館内運営を民間委託し、図書館流通センターが行っている[6]

施設概要[7][編集]

読書の森公園内に設置されているガンジー像
  • 敷地面積:5,097.84平方メートル
  • 延べ床面積:4,397.14平方メートル
  • 構造規模:鉄筋コンクリート造 地下1階・地上2階建
  • 設計:黒川紀章建築都市設計事務所
  • 駐輪場あり・身障者用駐車場(2台)あり(一般利用は不可)
  • 館内エレベーター・多目的トイレ設置済み

館内[8][編集]

  • 地上1階:一般開架・雑誌・児童図書・新聞・視聴覚資料・事務室・トイレ(多目的)・エレベーターなど。
  • 地上2階:参考図書室・杉並資料室・視聴覚障害者サービス室・児童資料室・事務室・エレベーターなど。
    • 参考図書室・杉並資料室(レファレンスコーナー)への入室時は手荷物を室外に設置されているコインロッカーへ預け入れる必要がある[9]。室内へは筆記用具以外の持込みは不可。司書が配属されている。室内にはコピー機が設置されており、著作権法で認められた範囲で複写が撮れる。
    • 高円寺阿佐谷・荻窪地域に在住した文人を紹介する「阿佐谷文士村展示」が常設されている。
    • 階段脇に電源付きパソコン利用席(4席)が設置されている。
  • 地下1階:保存書庫・視聴覚ホール・食堂・機械室・エレベーターなど。
    • 食堂(現在は喫茶室)は民間委託されており、図書館開館時間とは異なる営業日時。
    • インド友好交流協定記念「ガンジー展」が常設されている。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成26年度杉並区立図書館運営状況報告書
  2. ^ 1989年に杉並区立社会教育センター(現・セシオン杉並)へ移設
  3. ^ 平成26年度杉並区立図書館運営状況報告書
  4. ^ 東京都効率図書館調査 平成27年度
  5. ^ 「ガンジー修養所再建トラスト」から贈られたガンジー像が設置されているのは国内では杉並区立中央図書館のみ
  6. ^ 図書館サービス業務委託事業社の決定について
  7. ^ (中央)公募型プロポーザル実地要綱
  8. ^ (中央)公募型プロポーザル実地要綱
  9. ^ 利用には100円玉が必要で使用後に返却される返却式コインロッカーが設置されている。100円玉を持参していない利用者はレファレンスコーナーで専用コインを貸し出している。