杉並親子殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

杉並親子殺害事件(すぎなみおやこさつがいじけん)とは2007年1月には発生した殺人事件。

概要[編集]

2007年1月25日東京都杉並区の家で親子2人(母親86歳と長男61歳)が殺害され、現金約4万7千円やクレジットカードが奪われる事件が発生。3日後の1月28日に事件が発覚した。

1月25日に被害者のカードから現金を引き出そうとして暗証番号が違っていたため引き出せなかった22歳の男を2月10日逮捕。男は被害者宅の裏手にある家に住んでいた。男は親子の殺害を認めた。男は金が欲しかったと供述している。男の供述からサバイバルナイフを購入し、黒い戦闘服に目出し帽、黒の登山靴で侵入し強盗殺人に及んだと判明。盗んだ金は遊興費に消えていた。

検察死刑求刑したが、2009年7月15日東京地裁は男に無期懲役判決を言い渡した。検察側・弁護側共に控訴したが、2審東京高裁も無期懲役判決を支持した。結局検察は上告を断念し、被告も自ら上告を取り下げて判決は確定した。