杉原重玄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
杉原 重玄
時代 江戸時代前期
生誕 寛永14年(1637年
死没 承応2年10月14日1653年12月3日
改名 竹中重基(初名)→杉原重玄
別名 帯刀(通称)
戒名 光現院殿円芳秀徹大居士
墓所 東京都港区三田林泉寺
幕府 江戸幕府
但馬豊岡藩
氏族 竹中氏杉原氏
父母 父:竹中重常、母:杉原長房の娘
養父:杉原重長
兄弟 竹中重高、竹中重之、重玄、井上十郞兵衛、加藤重貞、竹中重紀
正室:杉原重長の娘

杉原 重玄(すぎはら しげはる)は、但馬豊岡藩の第3代藩主。

生涯[編集]

寛永14年(1637年)、交代寄合・竹中重常(竹中重門の長男)の三男として生まれる。

母方の伯父にあたる先代藩主杉原重長正保元年(1644年)10月28日に死去した後、所領を1万石に減らされた上で正保2年(1645年)閏5月26日に末期養子となり、家督を継いだ。末期養子が解禁されていなかった時期であったが、長房・重長の2代における忠勤が考慮されて重玄の家督相続が認められた。藩主就任後の正保4年(1647年)、江戸城石垣普請助役を勤める。

承応2年(1653年)10月14日に死去した。享年17。嗣子が無かったため杉原氏は断絶し、改易されて豊岡は天領となった。この時、豊岡城も廃城とされた。養父・重長の従祖父の義正(杉原家次の弟)が始祖の庶流が旗本として、家名は存続している。