杉山晋輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
すぎやま しんすけ
杉山 晋輔
Shinsuke Sugiyama 杉山晋輔 (20180502-OSEC-LSC-0393 (27988167388)).jpg
生誕 (1953-05-14) 1953年5月14日(67歳)
日本の旗 日本 愛知県
出身校 早稲田大学法学部中退
職業 外交官(アメリカ合衆国駐箚特命全権大使

杉山 晋輔(すぎやま しんすけ、1953年昭和28年)5月14日 - )は、日本外交官外務事務次官を経て、アメリカ合衆国駐箚特命全権大使[1]

人物[編集]

愛知県出身。父は国際法学者法大教授だった杉山茂雄[2]。東京教育大学附属中・高(現・筑波大付属中・高)を経て、早稲田大学法学部在学中に外交官試験に合格し、外務省入省。

2001年に発覚した外務省機密費流用事件において、当時の斎藤邦彦次官付き秘書官をしていた杉山も、2億円の流用着服疑惑等で名前が挙がった[3]

外務省アジア大洋州局長在職中の2012年中国当局の船が尖閣諸島の日本側海域に侵入する問題がたけなわの頃、駐日中国大使館の韓志強公使に、電話を通じて「日本の領海への侵入は容認できない」との抗議を中華人民共和国中国共産党)に対し行うに留まっていた[4]

2015年7月6日、ユネスコ諮問機関イコモスによる端島第39回世界遺産委員会における登録勧告に対して、登録反対運動をしていた韓国と取り付けた日韓合意が韓国側により突如反故にされた。この対応で、岸田文雄外相、杉山晋輔政務担当外務審議官らと連携をとる佐藤地ユネスコ大使は、韓国代表側が求める徴用工に言及する“強い言葉(「forced labor」)”を一段和らげた形ながら、その趣旨を大幅に盛り込む形で譲歩した。

第2次安倍内閣の下で、その後も外務事務次官ののち、駐米大使を務める。

経歴[編集]

エピソード[編集]

2017年12月19日、中国外交部の報道官華春瑩が定例記者会見で恩賜上野動物園パンダ「シャンシャン」(香香、Xiāng Xiāng)について日本人記者から質問を受け、当時外務次官だった杉山(中国語読みでShān Shān、つまりシャンシャン)に関する質問と勘違いするという珍事が発生した[9]

著書[編集]

共著[編集]

  • 『国際紛争の多様化と法的処理―栗山尚一先生・山田中正先生古稀記念論集』(信山社, 2007年)
  • 『国際法の新展開と課題―林司宣先生古稀祝賀』(信山社, 2009年)

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 閣議及び閣僚懇談会議事録首相官邸
  2. ^ 1925 - 2017年。静岡県出身。陸軍士官学校から法政大学法学部卒業。法政大学名誉教授、防衛法学会顧問を歴任した(「闇権力の執行人」鈴木宗男講談社・2007年、防衛法学会顧問交遊録 法政大学新聞学会などを参照。)
  3. ^ 『杉山晋輔外務審議官の罪状』の章「闇権力の執行人」(鈴木宗男、講談社、2007年)、「外務省犯罪黒書」(佐藤優、講談社、2015年)
  4. ^ 領海侵入に抗議=外務省時事ドットコム(2012/09/24-13:19)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 杉山晋輔外務省アジア大洋州局長 講師略歴、第18回 国際交流会議 アジアの未来
  6. ^ https://www.fujisan.co.jp/zasshi_kensaku/1683234/?q=%E6%9D%89%E5%B1%B1%E6%81%92%E5%A4%AA%E9%83%8E
  7. ^ 「外務次官に杉山氏決定 アジア大洋州局長は金杉氏 」日本経済新聞2016/6/14
  8. ^ 外務省 杉山晋輔・前外務次官が「開放感」毎日新聞
  9. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2017年12月19日). “【シャンシャン狂騒曲】中国外務省副報道局長、質問聞き間違え「政治文書に基づき処理を」…” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/life/news/171219/lif1712190059-n1.html 2018年7月25日閲覧。 

関連項目[編集]