YASCORN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

YASCORN(やすこーん、1月26日[1] - )は、日本漫画家クリエイター[2]。別名義「杉木 ヤスコ(すぎき ヤスコ)」。血液型B型[2]青森県出身。東京都在住[3]

来歴[編集]

藤子・F・不二雄にあこがれて漫画家を目指し[4]1991年「ベジタブル・パニック」(小学館ぴょんぴょん』)でデビュー[2]エッセイキャラクターデザイン、シナリオ制作など多彩に活動。紙媒体のみならずインターネット上での作品発表も早期から行っている。

2005年より小学館の学年別学習雑誌にてたまごっちのキャラクターコミック「GOGO♪たまごっち!」シリーズを連載。その他、同社児童向けWebサイトにてFlashアニメによるデジタルコミック・キャラクターを多数発表[5]

1990年代より音楽活動も行っており、土佐正道(明和電機)とは音楽ユニット・Y&M☆O(ヤスコーン&マサビッチ☆オーケストラ)として活動した[6]歌人笹公人とは交友があり、笹のブログ・単行本にてイラストを担当。

2010年代より寝台特急はやぶさ乗車をきっかけに「乗り鉄漫画家」として活動、鉄道関連のコミック・エッセイ小説等を発表。これまで著作・その他の活動には「杉木ヤスコ」と「YASCORN(ヤスコーン)」名義を併用していたが、鉄道関連の著作以降は、ほぼYASCORNに統一されている。

主な作品リスト[編集]

コミック・エッセイ[編集]

小説[編集]

  • のぞみ、出発進行!! ~サンライズ瀬戸 パパ失踪事件と謎の暗号~(小学館ジュニア文庫)
    小学館ジュニア文庫で単行本化された鉄道小説
    食べ鉄の小学5年生、のぞみと時刻表鉄な弟の鉄平が鉄道小説家の父・東村京太郎(本名・宮原太一郎)を探すため、鉄道に乗り込むもの。途中、金毘羅山で地元の大学生・佐藤はるかと愛犬、まめちゃんに出会う。

キャラクターデザイン[編集]

  • 僕達急行 A列車で行こう
    2012年に公開された森田芳光監督・脚本作品。主演の松山ケンイチ瑛太の二人のキャラクターデザイン。グッズも制作される予定だったが、森田の急逝により頓挫した。
  • 白えび天ぷら(ますのすし源)
    駅弁のパッケージデザインを担当。
  • 青森ワッツグッズキャラクターデザイン
    青森県出身が縁で、2017年10月からBリーグの青森ワッツのグッズキャラクターデザインを担当。3キャラあり、メインキャラはチームのロゴマークの青い炎が髪型となった「青森ワッツン」。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2018年1月26日 本人Twitter
  2. ^ a b c まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、202-203頁
  3. ^ 公式サイト profile
  4. ^ 祐天寺の有名鉄道メシ店「ナイアガラ」で『メシ鉄!!!』漫画家・YASCORN先生にイチオシ駅弁を聞く【鉄分補給】”. メシ通. リクルート (2018年1月18日). 2018年4月9日閲覧。
  5. ^ GOGO! スギちゃんホームページ
  6. ^ GOGO! スギちゃんホームページ MUSIC