杉浦三六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉浦 三六
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
生年月日 1954年7月7日
没年月日 2014年4月(満59歳没)[1]
身長
体重
178 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1972年 ドラフト外
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

杉浦 三六(すぎうら さんろく、1954年7月7日 - 2014年4月[1])は、広島県出身の元プロ野球選手投手)。

俳優杉浦太陽ギタリスト杉浦タカオ(杉浦太雄)は息子。辻希美(太陽の妻)は義娘に当たる。

来歴・人物[編集]

広陵高中退後、1971年南海ホークスの入団テストを受けるも不合格。翌1972年に再び南海の入団テストを受けて合格し、同年のドラフト外で入団。

引退後は、不動産ブローカー・広告代理店業務など職を転々とした。太陽・太雄と子供に恵まれる。翌1994年に妻と離婚。自身が借金していた暴力団との関係が絶える事はなく、2011年には太陽の所属事務所「スカイコーポレーション」に暴力団関係者(山口組系暴力団関係者)が乗り込み暴動事件が起きている。

一方で関西芸能人との関係が深く、星野仙一阪神タイガース[2]監督の私設後援会「虎仙会」のパーティーに出席する関係の他、やしきたかじんが「太陽の父(三六の事)とは飲み友達」と公言したり、太平サブローのコンサートにゲスト出演しただけでなく、サブローが杉浦を異常に褒めまくる記事を書いたりなど厚遇されていた[3]

2014年4月に入院先の病院で死去[1]。享年59歳。長年、肝臓を患っていたという。尚、太陽は父の死に際し相続放棄をし、「親父なので悲しいです」と言葉少なに追悼コメントを出した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場無し

背番号[編集]

  • 54 (1973年)

脚注[編集]

関連項目[編集]