杉浦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

杉浦 力(すぎうら つとむ、1939年11月27日 - )は、日本の総務官僚。元会計検査院長。愛知県出身。

人物[編集]

愛知学芸大学を卒業後総理府に採用される。1977年恩給局第3課長。その後各課長や警察庁出向を経て、1988年恩給局次長。1992年人事局長。1995年総務事務次官となる。1996年辞職し、1997年会計検査院検査官。2002年会計検査院長となり、2004年定年退官を前に辞職する。

略歴[編集]

  • 1962年3月:愛知学芸大学学芸学部卒業[1]
  • 1962年4月:総理府入府
  • 1977年12月:恩給局第3課長
  • 1979年4月:恩給局第4課長
  • 1979年6月:内閣総理大臣官房参事官(広報)兼北方対策本部参事官
  • 1981年4月:日本学術会議事務局総務部庶務課長
  • 1983年7月:青少年対策本部参事官
  • 1984年7月:賞勲局総務課長
  • 1985年4月:内閣総理大臣官房特別基金検討調査室長
  • 1987年2月:警察庁中部管区警察局総務部長
  • 1988年7月:総務庁恩給局次長
  • 1989年5月:長官官房審議官(官房調整部門担当)
  • 1990年7月:青少年対策本部次長
  • 1992年7月:人事局長
  • 1995年6月:総務事務次官
  • 1996年7月:辞職
  • 1997年2月:会計検査院検査官
  • 2002年8月:会計検査院長
  • 2004年2月:退官

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 活動基盤 -広報-トピックス-平成14年分トピックス”. web.archive.org (2003年12月26日). 2019年10月21日閲覧。