杉溪言長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

杉溪 言長(杉渓、すぎたに ときなが、1865年7月5日(慶応元年5月13日[1])- 1944年昭和19年)10月30日[1][2])は、明治・大正期の神職宮内官、政治家日本画家南画)、奈良華族貴族院男爵議員。旧姓・山科[1]、幼名・狟丸[3]。雅号・六橋[4]

経歴[編集]

山城国京都右近衛権中将山科言縄の三男として生まれる[1][3][5][6]。慶応4年(1868年興福寺妙徳院を相続し、同年、得度して住職に就任[1][3][5][7]。同年4月1868年)復飾を命ぜられ[1][5][3]春日社神勤・新神司となる[3][5]明治2年3月1869年4-5月)、堂上格に列した[1][3][5]。同年11月12月)家号を杉溪に改名[1][5][7]1875年3月28日、華族に列し[3][5]1884年7月8日、男爵を叙爵した[1][8]

1882年1月、京都宮殿勤番となる[3][6][7]。その後、殿掌を務めた[3][7]1890年7月、貴族院男爵議員に選出され、1925年7月まで五期在任した[2][7]。この間、木曜会で活躍し、同会が分裂して清交会が結成されると主幹を務めた[4]

1929年9月2日に隠居し[1][9]、同年10月1日、養嗣子・由言が男爵を襲爵した[10]

人物[編集]

京都で画を重春塘に、禅を荻野独園に、詩を神田香巌に学んだ[4]。その後、鎌倉円覚寺今北洪川に入門し約3年間参禅した[4]早川千吉郎らの勧めで上京し、東京専門学校政治科で学んだ[4]。さらに南画を大倉雨村に、詩を森槐南について研鑽した[4]

栄典[編集]

著作[編集]

  • 画、佐藤渾編『深柳堂画冊』佐藤渾、1917年。
  • 『深柳堂懐古詩』杉溪言長、1936年。
  • 『美人百態』杉溪言長、1939年。
  • 『平安襍詩』杉溪言長、1941年。

親族[編集]

  • 母:祥子(ながこ、久世通煕女、野宮定祥長女として成長)[5][12]
  • 妻:茂子(しげこ、坪野幸次郎長女、小田切重路養女)[1]
  • 養子:由言(貴族院男爵議員、冷泉為勇長男)[1]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『平成新修旧華族家系大成』上巻、770頁。
  2. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』75頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 『華族畫報』下、736頁。
  4. ^ a b c d e f 『現代名士人格と修養』168-170頁。
  5. ^ a b c d e f g h 『杉渓家譜』
  6. ^ a b 『大日本華族大鑑』274頁。
  7. ^ a b c d e 『人事興信録』第8版、ス32頁。
  8. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  9. ^ 『官報』第822号、昭和4年9月24日。届出は9月11日。
  10. ^ 『官報』第829号、昭和4年10月3日。
  11. ^ 『官報』第565号「叙任及辞令」1914年6月19日。
  12. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、793頁。

参考文献[編集]

  • 杉謙二編『華族畫報』下、吉川弘文館、2011年(華族画報社大正2年刊の複製)。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 坂本箕山『現代名士人格と修養』帝国文学通信社、1920年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第8版、1933年。
  • 筒井住蓮編『大日本華族大鑑』都通信社、1911年。
  • 『杉渓家譜』1875年。東京大学史料編纂所所蔵。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
杉溪家初代
1884年 - 1929年
次代:
杉溪由言