李サン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「李璨」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

李 璨(り さん、432年 - 471年)は、北魏官僚軍人は世顕。本貫趙郡柏人県

経歴[編集]

李均(李霊の弟)と封勗(封懿の子)の娘のあいだの子として生まれた。成長すると身長は8尺5寸で、容貌は魁偉であった。学問を梁祚に受けた。興安年間、秘書中散・定州別駕となり、趙郡常山二郡太守に転じた。中書郎となり、風雅なことで高允に認められた。466年天安元年)、徐州刺史薛安都が彭城で北魏に降ると、博陵公尉元や城陽公孔伯恭らが軍を率いて対応することとなり、李璨は参二府軍事として従軍した。魏軍が九里山まで進むと、薛安都が部下を率いて出迎えたが、尉元が無礼な態度を取ったため、薛安都は彭城に帰って、連絡を絶ってしまった。宋の将軍の張永・沈攸之らが軍を率いて下礚に駐屯したため、尉元は李璨と中書郎の高閭を彭城に派遣して薛安都を説得させ、魏軍はようやく入城することができた。その夜、張永は彭城の南門を攻撃して敗退した。李璨は張永の輜重の置かれた武原を攻撃するよう尉元に勧め、このため魏軍は張永の米船を攻撃して破った。折しもの大雪のため、張永は万を数える凍死者を出して撤退し、北魏は淮北を平定することができた。李璨は寧朔将軍の号を受け、畢衆敬とふたりで東兗州刺史となり、帰順者の定着につとめた。徐州での功績により、始豊侯の爵位を受け、建武将軍の号を加えられた。471年延興元年)、死去した。享年は40。は懿といった。

子女[編集]

  • 李元茂(453年 - 496年、建武将軍、司徒司馬、振威将軍・南征別将・彭城鎮副将)
  • 李宣茂(455年 - 513年、中書博士、司空諮議、司空司馬、寧朔将軍、定州大中正、持節・散騎常侍・東南二道使、平陽郡太守、歩兵校尉、太中大夫、光禄大夫、平東将軍・幽州刺史)
  • 李叔胤(467年 - 502年、著作佐郎、広陵王諮議・南趙郡太守)
  • 李仲胤(中書学生より公府主簿・従事中郎・諫議大夫・尚書左丞を歴任)

伝記資料[編集]