李トウ (儒学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「李侗」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
李侗(『晩笑堂竹荘画伝』より)

李侗(り とう、1093年 - 1163年)は、中国・南宋時代の儒学者は愿中。号は延平。は文靖。

略伝[編集]

南剣州剣浦県(現在の福建省南平市延平区)の出身。14歳の時に、同じ郡にいた羅従彦宋学の大家である楊時より程氏(程顥程頤)の学を承けたと聞いて弟子となり、学問を究めて従彦が賞賛するほどになった。後に山田に住居を定め、40年間も世間との交わりを絶って一心に学問に精進した。宋学を大成した朱熹は弟子である。世は延平先生と称し、71歳で没する。代の万暦年間に孔子廟に従祀された。著に『延平問答』と『語録』がある。また代の張敬菴が編纂した『李延平集』4巻があり、問答の他に詩文を載せている。

参考文献[編集]