李世鎬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
李 世鎬
이세호
生誕 1925年7月26日
日本の旗 朝鮮京畿道開城
死没 (2013-04-28) 2013年4月28日(87歳没)
大韓民国の旗 大韓民国京畿道龍仁市
所属組織 Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
最終階級 大将(韓国陸軍)
墓所 国立大田顕忠院将軍第2墓域243号
テンプレートを表示

李 世鎬(イ・セホ、이세호)は大韓民国軍人

人物[編集]

1925年7月、京畿道開城で生まれる。松都中学校卒業。

1946年12月、警備士官学校第2期卒業、任少尉。情報局勤務。

1950年、第8師団情報参謀(少領[1]

1951年~1952年、第8師団参謀長(中領)。

1953年、陸軍大学卒業、第22師団(師団長:朴基丙准将)第38連隊長(大領[2]

1954年~1956年、第5軍団参謀長(准将)。

1956年、第1軍団参謀長、第2軍副参謀長を歴任。

1957年9月、第37師団長。

1958年、第33師団長。

1959年2月~1961年8月、第28師団長。

1961年8月、陸軍本部軍需参謀部次長、任少将

1962年、軍需参謀部次長、歩兵学校長を歴任。

1965年3月、合同参謀情報局長。8月、陸軍本部作戦参謀副長。

1966年12月、陸軍士官学校校長。

1967年、第6軍団長、任中将、対遊撃作戦総指揮官。

1969年4月、ベトナム派遣軍司令官。

1973年7月、任大将、第3軍司令官。

1975年3月、陸軍参謀総長。

叙勲[編集]

  • 太極武功勲章
  • 乙支武功勲章
  • 忠武武功勲章
  • 花郎武功勲章
  • 保国勲章統一章
  • 保国勲章国仙章
  • 保国勲章天授章
  • ブロンズスター
  • 大綬雲麾勲章
  • ベトナム一等報国勲章
  • ドイツ十字勲章
  • スペイン一等勤労武功勲章

出典[編集]

  1. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 下巻』、335頁。
  2. ^ 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国編 下巻』、518頁。

参考文献[編集]

  • 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国篇 上巻 建軍と戦争の勃発前まで』 原書房1976年 
  • 李世鎬”. 国立大田顕忠院. 2015年11月25日閲覧。
軍職
先代:
丁來赫
大韓民国の旗 大韓民国陸軍士官学校校長
第19代:1966.1.28 - 1967.8.29
次代:
金熙徳
先代:
蔡命新
大韓民国の旗 駐ベトナム韓国軍司令官
第2代:1969.4.19 - 1973.3.31
次代:
(解体)
先代:
-
大韓民国の旗 大韓民国陸軍第3軍司令官
初代:1973 - 1975
次代:
金鍾煥
先代:
盧載鉉
大韓民国の旗 大韓民国陸軍参謀総長
第21代:1975.3.1 - 1979.1.31
次代:
鄭昇和