李丙ギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「李丙琪」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

李 丙琪(イ・ビョンギ、朝鮮語: 이병기1947年6月12日[1] - )は、大韓民国外交官駐日韓国大使(第20代)、大韓民国国家情報院院長、大統領秘書室長などを歴任した。「」が環境依存文字のため、報道によっては「李丙ギ」と表記される場合がある[2][3]

経歴[編集]

景福高等学校卒業。1971年2月にソウル大学校外交学科卒業[1]。1974年5月に外務高等考試合格[1]。1974年11月に外交部入部[1]。在ジュネーブ代表部やケニア大使館勤務を経て大統領儀典首席秘書官(盧泰愚政権)、国家安全企画部第2次長(金泳三政権)[4]。1999年には日本慶應義塾大学客員教授。汝矣島研究所顧問。

朴槿恵政権時代の2013年6月から駐日韓国大使(第20代)。2014年7月より大韓民国国家情報院院長[5]。2015年3月、朴槿恵大統領の大統領秘書室長に就任[5]。大統領秘書室長のポストは首相と同等クラスである。2016年5月に大統領秘書室長を退任した[5]

2017年1月、崔順実被告の国政介入事件で、家宅捜索を受ける[6]。朴槿恵政権時の国家情報院長として、情報収集のための活動費を大統領府幹部らに渡した容疑で11月14日に緊急逮捕され身柄を拘束[7]。11月17日に正式に逮捕された。2018年6月15日、ソウル中央地裁にて特定犯罪加重処罰法(国庫損失)違反などの罪で懲役3年6カ月の実刑判決を受けた[8]

栄典[編集]

出典[編集]

外交職
先代:
申珏秀
駐日大韓民国大使
2013年6月 - 2014年8月
次代:
柳興洙