李勇勳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
李 勇勳
ロッテ・ジャイアンツ #99
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 釜山広域市
生年月日 (1977-08-24) 1977年8月24日(43歳)
身長
体重
183 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 2次ドラフト
初出場 2000年4月5日
最終出場 2012年9月6日
年俸 7000万ウォン(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

選手経歴

指導者経歴

李 勇勳イ・ヨンフンハングル이용훈1977年8月24日 - )は元プロ野球選手投手)。大韓民国出身。

来歴[編集]

慶星大学校から2000年三星ライオンズに指名され、入団。

新人だった2000年に9勝と活躍するも、2002年2月にSKワイバーンズに6対2の大型トレードで移籍した。

さらに、2003年6月10日に出身地に本拠地を置くロッテ・ジャイアンツに移籍。

2005年は、4月15日の対斗山戦に1試合13奪三振を記録し、同年の奪三振数はリーグ3位だった。

2006年は、肩の手術を行うなどケガに苦しみ、2007年もリハビリに専念。

2008年は、復帰して先発ローテーションに入り、先発としての役割を果たした。

2010年2011年と2年連続で一軍未勝利に終わった。だが2011年9月17日、二軍のリーグ戦であるフューチャーズリーグの対ハンファ戦で、韓国プロ野球史上初(2019年シーズン終了時の一軍レギュラーシーズンでも達成者なし)の完全試合を達成した。

2012年は8勝と復活したが、2013年は一軍登板がなかった。

2014年も一軍登板はなくこの年限りで現役を引退し、コーチに転身した。

通算記録[編集]

年度 チーム 平均自責点 試合 勝利 敗戦 セーブ ホールド 完投 完封 イニング 被安打 被本塁打 四死球 奪三振 失点 自責点
2000 三星 5.63 33 9 7 0 2 0 0 139 146 22 83 112 88 87
2001 5.53 21 4 4 0 0 0 0 71 2/3 86 9 35 45 53 44
2002 SK 8.64 17 2 3 0 0 0 0 41 2/3 51 11 25 46 41 40
2003 ロッテ(KBO) 11.08 8 0 1 0 0 0 0 13 25 5 16 9 17 16
2004 4.01 15 1 3 0 0 1 0 33 2/3 28 1 14 36 17 15
2005 5.01 22 7 9 1 0 0 0 106 94 12 51 106 63 59
2008 4.09 21 6 7 0 1 0 0 99 117 2 43 60 47 45
2009 6.30 17 5 7 0 0 0 0 80 91 13 53 35 60 56
2010 8.27 7 0 2 0 0 0 0 16 1/3 27 3 5 8 15 15
2011 11.25 4 0 1 0 0 0 0 4 9 0 0 1 5 5
2012 3.01 25 8 5 1 1 0 0 101 2/3 102 4 28 57 44 34
通算 11シーズン 5.30 190 42 49 2 4 1 0 706 776 82 53 515 450 416