李勇 (工学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

李 勇(り ゆう、Li, Yong)は、中国工学者清華大学機械工程系教授[1]

経歴[編集]

1978年ハルビン工業大学に入学、1982年に卒業し、以後は同大学や大連外国語大学日本新潟大学日本語を学習した[1]

1985年から新潟大学大学院で精密工学を学び[1]1991年に「エンドミル加工における加工精度及び生産性の改善に関する研究」で、新潟大学から学術博士を取得した[2]

微細な電流でダイヤモンドを動かして精密な加工を行なう、MEMS技術の研究に取り組んでいる[1]

専門分野に限らず、日本との学術交流の機会に清華大学を代表して参加することがある[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 李勇”. 清華大学機械工程系. 2015年9月5日閲覧。
  2. ^ エンドミル加工における加工精度及び生産性の改善に関する研究 李勇”. 国立国会図書館. 2015年9月5日閲覧。
  3. ^ 2008年、北京における「北京神戸大学デー」シンポジウム 「アジア新時代に求められている共通課題と 革新型人材像」=国際交流推進本部. “新たな展開「中国へ」 事務所開設と「北京神戸大学デー」 (PDF)”. 神戸大学. 2015年9月5日閲覧。 - 初出は「神戸大学最前線」:2010年、早稲田大学における「清華大学デー」=清華大学デー (PDF)”. 早稲田大学. 2015年9月5日閲覧。