李叔蕃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
李叔蕃
各種表記
ハングル 이숙번
漢字 李叔蕃
発音: イ・スクポン
日本語読み: り・しゅくばん
テンプレートを表示

李 叔蕃(り しゅくばん、1373年 - 1440年)は、李氏朝鮮初期の官僚。

生涯[編集]

本貫は安城李氏。1393年に文科に及第し官僚となる。1398年第一次王子の乱より李芳遠(太宗)の腹心となり、1400年第二次王子の乱1402年の趙思義の乱の平定に活躍した。

1413年に兵曹判書、翌年に判議政府事、1415年に安城府院君に封じられるなど要職を歴任したが、性格は傲岸不遜でその上に太宗の寵を誇ったため、周囲の反発を買って弾劾を受け失脚、ついには1417年に流刑となった。

世宗が『竜飛御天歌』を編纂するにあたって、先王の故事に詳しいと宮中に召しだされたが、聴取後には再び流刑地へ送還された。

参考文献[編集]