李叔虎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

李 叔虎(り しゅくこ、458年 - 511年)は、北魏官僚学者。『北史』は避諱により李叔彪と作る。本貫渤海郡蓨県

経歴[編集]

学問を好んで見聞が広く、太和年間に中書博士に任じられ、崔光や邢巒と親交を結んだ。議郎に転じた。長らくして太尉従事中郎となり、国子博士・勃海国中正に任じられ、楽陵郡中正を兼ねた。後に散騎侍郎・太極都将を兼ねた。高陽郡太守に任じられたが、固辞して受けなかった。まもなく顕武将軍の位を受け、高陽王元雍の下で諮議参軍事をつとめた。また仮節・行華州事に任じられた。511年永平4年)、死去した。享年は54。冠軍将軍・南青州刺史の位を追贈された。は穆といった。

子の李述は、字を道興といい、太常博士・尚書儀曹郎・建興郡太守を歴任した。

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻72 列伝第60
  • 『北史』巻45 列伝第33