李姫鎬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
李姫鎬
各種表記
ハングル 이희호
漢字
発音: イ・ヒホ
日本語読み: り・きこう
ローマ字 Lee Hee Ho
テンプレートを表示

李 姫鎬(イ・ヒホ、1922年9月21日 - 2019年6月10日)は、韓国の政治運動家で、金大中大統領の妻(ファーストレディ)。中国天津大学名誉教授、韓国ワクチン研究所韓国後援会名誉会長、大韓癌協会名誉会長、韓国女性財団名誉理事長、韓露修交10周年記念展示組織委員会名誉総裁である。

人物[編集]

1922年京城府(現ソウル)で生まれた。梨花女子専門学校を卒業後、1946年ソウル大学校師範大学教育学科に入学、1950年に卒業した。アメリカに渡りラムボス大学で社会学科を学び、カーリット大学院社会学科で修士号をとった 。なお、青山学院大学より名誉博士号を授与されている。

その後、女性問題研究院幹事、梨花女子大学事業学科講師、大韓YWCA連合会総務 、韓国女性問題研究会会長を務めた後、1962年に公職を追われていた金大中と結婚した。死刑判決を受けた獄中の金大中にほぼ毎日のように手紙を送り続けたとされ、波瀾に満ちた夫の人生を支え続けたという。夫と同じ、敬虔なカトリック教徒でもある。

金大中は李姫鎬と結婚する以前に2人の子供(死別した前妻との間の子である長男の金弘一と次男の金弘業)がいた。1963年に金大中との間に子供(金大中の三男に当たる金弘傑)を生んだ。

2000年6月、北朝鮮の金正日朝鮮労働党総書記との第1回南北首脳会談には、金大中に同行して初の訪朝[1]

2002年の任期末に息子らが斡旋収賄で身柄を拘束される時に李姫鎬によると「家庭の中外でも言葉を失くした。互いに各々の書斎で別々に過ごし、夜遅くに寝ようとした。夫(金大中)が死刑宣告を受けた時の辛さも、これほどではなかった。一日も早く青瓦台(大統領府)から出ていきたかった」。月刊誌のインタビューで夫人は「2002年は悪夢」と語っている[2]

2009年に金大中が死去した際には北朝鮮から弔問団が派遣されたこともあり、2011年12月に金正日が死去した際には韓国政府の許可を得て弔問のため訪朝した[3]。その後2015年8月5日には個人の資格という形で北朝鮮を訪問している[4]

2019年6月10日、ソウルの病院で死去[5]。96歳没。北朝鮮は、板門店金与正を派遣し弔辞と弔花を贈った[6]

著書[編集]

  • 『勇気ある女(ひと)-金大中夫人回想記』 金貞淑訳、毎日新聞社、1994年、ISBN 978-4620310206。
  • 『夫・金大中とともに 苦難と栄光の回り舞台』 米津篤八訳、朝日新聞出版、2009年、ISBN 978-4-02-250656-6

出典[編集]

  1. ^ 李姫鎬さん死去=金大中元韓国大統領夫人”. 時事通信 (2019年6月11日). 2019年7月8日閲覧。
  2. ^ [1]「【萬物相】「私はこんなことをするため大統領になったわけでは…」」]朝鮮日報.
  3. ^ “正恩氏、金大中氏夫人らと面会 「党首班」の称号も”. AFPBB News (フランス通信社). (2011年12月27日). http://www.afpbb.com/articles/-/2847570 2015年8月5日閲覧。 
  4. ^ “元韓国大統領夫人、北朝鮮訪問を開始”. AFPBB News (フランス通信社). (2015年8月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3056497 2015年8月5日閲覧。 
  5. ^ 李姫鎬さん死去=金大中元韓国大統領夫人 - 時事ドットコム 2019年6月11日
  6. ^ 金与正氏が板門店で弔辞 金大中元大統領夫人死去で”. 2019-06-12sannkeisinnbunn (2019年6月12日). 2019年7月8日閲覧。