李存渥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

李 存渥(り そんあく、? - 926年)は、後梁の始祖李克用の五男。母は貞簡皇后。荘宗李存勗の同母弟。

生涯[編集]

同光3年(925年)、長兄の荘宗により申王に封ぜられた。

翌年、明宗李嗣源が軍隊に推戴されて皇帝となった。存渥は荘宗により河中節度使に任じられていたが、就任前に洛陽の禁軍も反乱し、荘宗も戦死した。存渥は荘宗の皇后劉氏と私通しており、太原へ逃げたが、その途上で部下に殺害された。

伝記資料[編集]