李容浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
李容浩
Ri Yong-ho.jpg
各種表記
ハングル 리용호
漢字 李容浩
発音: リ・ヨンホ
ローマ字 Lee Yong-Ho
テンプレートを表示

李 容浩(リ・ヨンホ、리용호1956年 - )は、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)外交官政治家朝鮮労働党中央委員会政治局員、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員、朝鮮民主主義人民共和国外務大臣

人物[編集]

平壌外国語大学卒業後、朝鮮民主主義人民共和国外務省へ入職。職業外交官として駐スウェーデン朝鮮民主主義人民共和国大使館に勤務[1][2]。その後、外務省本省でASEAN地域フォーラムの団長を務めた。

2003年に駐朝鮮民主主義人民共和国特命全権大使に就任し、2004年に駐アイルランド特命全権大使を兼任している[2]金正日体制の下で2010年には朝鮮民主主義人民共和国外務省副相(副外相)に起用され、2011年には6カ国協議(いわゆる朝鮮民主主義人民共和国における核開発問題を協議する、北朝鮮・韓国日本中国の周辺四か国とアメリカロシアによる会合)の首席代表に任命された[3]

金正恩体制下の2016年5月に開催された朝鮮労働党第7次大会で政治局員候補に選出された直後、外交担当の党副委員長に転じた李洙墉の後任として朝鮮民主主義人民共和国外務相に任命されたことが判明した[4][3]。また同年6月29日に開催された第13期最高人民会議第4回会議で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員に選出された[5]

2017年9月19日、国連総会で演説を行うため2016年に続き訪米[6]。訪米中の記者会見にて、太平洋上での水爆実験の可能性を示唆[7]したほか、9月23日には総会演説にて弾道ミサイルによるアメリカ本土への先制攻撃の可能性も示唆した[8]

2017年10月7日に行われた朝鮮労働党第7次大会第2回総会で党中央委員会政治局員に昇格した[9]

2018年3月15日からスウェーデンを訪問。ステファン・ロベーン首相のほかマーゴット・バルストロム外相と会談。スウェーデン側から議題は、朝鮮半島の非核化、米朝首脳会談であることが示唆されたが、詳細な内容については非公表とされた[10]

2018年3月25日、最高指導者就任後の初外遊で中国を訪問した金正恩に同行した[11]。翌4月に訪露。12日にトルトネフ極東連邦管区大統領全権代表(副首相兼務)と会談した後、タジキスタンへ移動。13日以降アスロフ外相らと会談を行った[12]

2018年5月7日、中国の大連習近平総書記と会談した金正恩の訪中に同行した[13]。9月の国連総会の際にはアメリカのマイク・ポンペオ国務長官[14]、日本の河野太郎外相らと相次いで会談した[15]

2018年12月上旬、ベトナムシリア、中国訪問を行った[16]

2019年3月に行われた最高人民会議第14期代議員選挙で代議員に初当選[17]。同年4月の最高人民会議で国務委員に再選された[18]

脚注[編集]

  1. ^ 리용호 NK Chosoun
  2. ^ a b 리용호 北朝鮮資料センター(大韓民国)
  3. ^ a b 新外相に李容浩氏=外交姿勢に変化注目-北朝鮮 時事通信 2016年5月17日付[リンク切れ]
  4. ^ 6カ国協議の北首席代表務める李容浩氏が外相に 産経新聞 2016年5月17日付
  5. ^ 김정은, 당·국가 최고위직 겸직… 아버지 시대와 결별”. 国民日報 (2016年6月30日). 2016年6月30日閲覧。
  6. ^ 北朝鮮の李容浩外相が国連総会へ 核・ミサイル開発正当化か 産経新聞社(2017年9月19日)2017年9月27日閲覧
  7. ^ 「太平洋上で水爆実験」北朝鮮外相が言及 米演説に反発 朝日新聞社(2017年9月22日)2017年9月27日閲覧
  8. ^ 「奴らは遠からず姿消す」 トランプ氏、北朝鮮の李容浩外相の演説非難 産経新聞社(2017年9月24日)2017年9月27日閲覧
  9. ^ 朝鮮労働党中央委員会の総会…金与正氏が党中央委員に Daily NK 2017年10月8日
  10. ^ 北朝鮮の李容浩外相、スウェーデン首相と会談”. AFP (2018年3月16日). 2018年3月16日閲覧。
  11. ^ “金正恩氏、生き残りかけた訪中 対米交渉に向け中国利用”. 朝日新聞. (2018年3月28日). https://www.asahi.com/articles/ASL3X33MCL3XUHBI00Q.html 2018年5月5日閲覧。 
  12. ^ 北朝鮮外相 タジキスタン訪問 朝鮮半島情勢で意見交換へ”. 毎日新聞 (2018年4月13日). 2018年4月13日閲覧。
  13. ^ “3月の訪中に含まれなかった金与正氏が同行…北の対米ラインが総出動”. 中央日報. (2018年5月9日). http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=241220 2018年5月9日閲覧。 
  14. ^ “ポンペオ米国務長官が北朝鮮の李容浩外相と会談”. 産経新聞. (2018年9月27日). https://www.sankei.com/world/news/180927/wor1809270005-n1.html 2018年9月27日閲覧。 
  15. ^ “河野外相、北朝鮮外相と会談 「首脳会談の用意」伝達か”. 朝日新聞. (2018年9月27日). https://www.asahi.com/articles/ASL9W3G5ZL9WUTFK00P.html 2018年9月27日閲覧。 
  16. ^ 訪中の北朝鮮外相 高官と相次ぎ接触へ”. 聯合ニュース (2018年12月7日). 2018年12月7日閲覧。
  17. ^ “北朝鮮代議員選挙結果を徹底分析!相次ぐ実力者らの意外な「落選」が判明! - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20190313-00118076/ 2019年6月2日閲覧。 
  18. ^ “金正恩氏が再び国務委員長に 首相は金在龍氏に交代=北朝鮮”. 朝鮮日報. (2019年4月12日). オリジナルの2019年4月12日時点によるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2019-0412-0950-33/www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/12/2019041280016.html 2019年4月12日閲覧。 
 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
先代:
李洙墉
外務相
2016年 -
次代:
現職