李希烈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
李希烈
皇帝
王朝
在位期間 782年 - 786年
都城 大梁府
姓・諱 李希烈
生年 不詳
没年 貞元2年(786年

李 希烈(り きれつ、? - 786年)は、中国節度使燕州遼西県の出身。淮南西道節度使の李忠臣(董秦)の族子。唐に対して反乱を起こした。

生涯[編集]

安禄山の乱に董秦(後の李忠臣)に従い転戦し、李忠臣の部将となる。やがて李忠臣が横暴となったため、大暦14年(779年)これを逐い自立して節度使となる。表面上は恭順を誓い、建中2年(781年)には反乱した山南東道節度使の梁崇義を滅ぼし使相となる。しかし翌年末恩賞の不満から反乱し楚国皇帝と称した。朱泚に応じて東都(洛陽)を攻撃した。興元元年(784年)に諸鎮が帰順した後も降らず戦うが、貞元2年(786年)に至り劣勢となり配下の陳仙奇により族滅された。

伝記資料[編集]