李恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

李 恵(り けい、生年不詳 - 478年)は、北魏外戚李皇后の父。本貫中山郡安喜県

経歴[編集]

左将軍・南郡公の李蓋の子として生まれた、弱冠にして父の南郡公の爵位を嗣ぎ、襄城王韓頽の娘を妻に迎えた。韓氏はふたりの娘を産み、姉のほうが皇太子拓跋弘にとついだ。460年和平元年)、李恵は涼州の諸軍を率いて北道を進み、吐谷渾の拾寅を討った。散騎常侍・侍中・征西大将軍の位を受け、秦州刺史益州刺史を歴任した。468年皇興2年)4月、征南大将軍・儀同三司・都督関右諸軍事・雍州刺史に任じられ、爵位を王に進めた。長安鎮大将の任を加えられた。後に開府儀同三司・青州刺史に転じた。刺史を歴任して、善政で知られた。

李恵は文明太后の忌避を買っており、478年太和2年)12月に反乱を計画しているとの誣告を受け、処刑された。弟の李初や李楽、さらに李恵の子たちも同じく殺された。後妻の梁氏もまた青州で死んだ。李恵の家財はことごとく没収された。北魏の輿論はこれを冤罪とみなして痛惜した。

504年正始元年)、名誉を回復されて、使持節・驃騎将軍・開府儀同三司・定州刺史の位を追贈され、中山公に追封された。は荘公といった。

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻83上 列伝第71上
  • 北史』巻80 列伝第68